メニュー

接着の最適化とは?内部応力とは?:接着の基礎知識2

接着の基礎知識

更新日:2017年10月11日(初回投稿)
著者:株式会社原賀接着技術コンサルタント 原賀 康介

前回は、接着の原理・特徴と、高信頼性・高品質接着を説明しました。今回は、表面改質による接着の最適化と内部応力について解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 分子間力による接着の過程と最適化

異なる材料を無溶剤型接着剤で接着する場合、分子間力による接着(第1回参照)が主に使われます。分子間力による接着の過程は6ステップに分けられます。

1:接着剤を塗布する
2:接着剤と被着材料表面の分子間距離を近づける
3:分子同士が引き合い、接着剤のぬれ広がりと結合力が発生する
4:接着剤が固化する
5:内部応力が発生する
6:接着機能の維持と劣化(環境・応力劣化)が発生する

強い接着を実現する重要なポイントは、接着剤と被着材料の距離を近づけることと、被着材料の表面張力を高めることです。それぞれの詳細を説明します。

・接着剤と被着材料の分子間の距離を近づける

接着剤と被着材表面の分子の極性が高くても、分子同士の距離が近づかなければ引き合う力は発生しません。強い分子間力を得るためには3~5Å以下の距離まで近づけることが必要です。

一般の接着剤は粘度が高く、塗布しただけでは被着材料表面の細かい凹凸の内部まで流入しません。被着材料と接着剤が近距離で接触している面積は非常に小さく、強い接着ができません。接着剤をよくなじませるためには、力をかけて塗布する、接着剤や被着材料を温めて接着剤の粘度を低下させる、接着剤を溶剤で希釈してプライマー(最初に塗る塗料)として塗布し、凹凸を浅くするなどの方法があります。

・強い極性を得るために、被着材料の表面張力を高める

被着材料表面の極性を高めるには、被着材料の表面張力を大きくする必要があります(第1回参照)。高信頼性・高品質接着の基本条件は、表面張力36~38mN/m以上です。工業製品に使用されているほとんどの部品では、表面張力は36~38mN/mもないため、表面張力を高める処理が必要です。被着材料の表面張力を高めるには、表面の清浄化、表面改質、表面処理による化成被膜の形成などを行います。このうち、表面の清浄化は接着の基本です。しかし、元々表面張力が低い材料の場合、表面清浄化だけで表面張力を高くできません。表面改質、表面処理が必要不可欠です。

2. 表面改質とは

表面改質とは、被着材料表面に分子間力の強い吸着層を形成させる、一連の処理のことです。分子間力の中で最も強い結合は、水素結合です。接着剤の水酸基(OH)と水(H-O-H)や酸素(O)、窒素(N)、カルボキシル基(COOH)などとの間で形成されます。被着材料表面に、これらの強い吸着層を形成させることで、強く接着できます。波長の短い紫外線を表面に照射する方法、プラズマを照射する方法、火炎であぶる方法などがあり、いずれも大気中で行えます。

図1に、短波長紫外線照射によるプラスチックの表面改質メカニズムを示します。大気中プラズマ照射や火炎処理でも原理は同じです。紫外線のエネルギーと紫外線によって発生したオゾンにより、表面の有機汚染物は二酸化炭素と水に分解されて除去されます(図1のa)。次に、露出したプラスチック表面の結合が切断され、活性な状態になります(図1のb)。活性になった表面は空気中の水や酸素などと簡単に結合します(図1のc)。この面に接着剤を塗布すると、接着剤との間で強い水素結合を起こします(図1のd)。金属・ガラス・セラミックスなどでも、この方法は有効です。

図1:表面改質のプロセス

図1:表面改質のプロセス

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. 接着剤に起こる2つの内部応力

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

紫外線装置一式、まとめてチェックできます(イプロス製造業)

  • セミナー11月
  • 特集バナー1020_01
  • 特集バナー1020_02
  • 特集バナー1020_03
  • 販促サイト_新規顧客開拓

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1002_01
  • 特集バナー1002_02
  • 特集バナー1002_03