メニュー

バイオエタノール:バイオマスの基礎知識4

バイオマスの基礎知識

更新日:2020年2月12日(初回投稿)
著者:公立鳥取環境大学 環境学部 特任教授 横山 伸也

世界では、車両用燃料に用いるガソリンやディーゼル燃料の代替として、バイオエタノールやバイオディーゼルが使われています。日本でも地球温暖化対策の一環として、ガソリンにエタノールを3%混入したE3を導入しています。ただし、後述するようにETBE(エチルターシャリーブチルエーテル)に変換して混合しています。日本のバイオエタノール導入の経緯、バイオエタノールの製造法、次世代バイオエタノール製造の研究開発状況などについて解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. バイオエタノール導入の経緯と実態

2018年時点で、世界ではバイオエタノールが車両用燃料として約1億kl生産されています。アメリカはトウモロコシを原料として約5,100万kl、ブラジルはサトウキビから2,400万klを生産しています。エタノールはガソリンとの相溶性が良く、どのような割合でも混合できます。バイオエタノールはガソリンに比べて、発熱量は低いけれどもオクタン価が高いので、オクタン価向上剤としての役割もしています。バイオエタノールをガソリンに代替することにより、温室効果ガスの排出削減、エネルギー資源の多様化、化石燃料の削減などの効果があります。

日本では、2009年にエネルギー供給構造高度化法が施行されました。これにより、2011年から2017年までに、エタノールを原油換算で50万kl(エタノール換算で約83万kl)導入することになりました。図1に示すように、2011年から2017年までは、バイオエタノールの導入量を徐々に増加して、年間で83万klの導入を達成してきました。

図1:バイオエタノールの導入実績と予想

図1:バイオエタノールの導入実績と予想

E3としてエタノールを直接混合すると、蒸気圧がガソリン単独時に比べて上昇するので、その対策としてETBEに変換して混合することになりました。ETBEは図2に示すように、石油由来のイソブテンとエタノールから作ります。ガソリンにETBEを7%加えると、ちょうどエタノール3%分、すなわちE3に相当します。

図2:ETBE生成の化学式

図2:ETBE生成の化学式

2018年に告示改訂が行われ、導入量はこれまでと同じですが、バイオエタノール以外の国産の液体燃料の導入も視野に入れることとなりました。さらに、持続可能性の観点から、対ガソリン比で温室効果ガスの削減率が、50%から55%に引き上げられました。温室効果ガス排出の算定に当たっては、LCA(ライフサイクルアセスメント)的な観点から、作物を植える土地利用変化に伴う温室効果ガス排出量、植え付け、施肥、輸送、変換などの各段階まで考慮に入れています。

2017年までは、この削減率50%を満足するのはブラジル産バイオエタノールのみで、専らブラジル産が使われていました。告示改訂により、加重平均で削減率55%が満足されていれば、ブラジル産以外のものでも受け入れ可能になりました。ちなみにブラジル産は削減率60%でEPR(エネルギー産出/化石エネルギー投入比)が8、アメリカ産は削減率が48%でEPRは1.3です。この結果、アメリカ産のバイオエタノールが約44%導入されることになり、2019年7月に初めてアメリカ産エタノールを含むETBEが日本に陸揚げされました。

このような対応で、バイオエタノールの供給先を多様化することにより、安定供給に少なからず貢献することになりました。ETBEの原料であるエタノールはバイオマス由来で、イソブテンは石油由来の物質です。しかし、最近イソブテンが発酵法で製造できると報告され注目されています。仮にETBEが全てバイオ由来であれば、二酸化炭素削減効果が著しく改善されることになります。

2. バイオエタノールの製造方法

トウモロコシ、サトウキビ、米、麦、キャッサバなどはバイオエタノールの原料です。これらはいずれも食料であることから、燃料生産には批判があります。これに対し、木材、バガス(サトウキビの搾りかす)、稲ワラのような、非食料系バイオマスを原料としたバイオエタノール生産の研究開発が各国で行われています。図3に示すように、食料を原料とするバイオエタノールを第一世代バイオエタノール、非食料由来のバイオエタノールを第二世代バイオエタノールと称しています。

図3:バイオマスからのエタノール生産システム

図3:バイオマスからのエタノール生産システム

第一世代バイオエタノールは、原料がサトウキビのような糖であれば、酵母により発酵すればエタノールが得られます。トウモロコシの場合は原料がデンプンなので、これを酵素によりグルコースに糖化します。この糖化反応は比較的容易に進行し、発酵工程へと続きます。ただし、エタノール濃度は高くても15%程度なので、蒸留により濃度を95%まで濃縮します。これは主としてFFV(Flexible Fuel Vehicle)の燃料に用いられています。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. 今後の課題

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • セミナー2月
  • カタログバナー
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0217_01
  • 特集バナー0217_02
  • 特集バナー0217_03
  • 特集バナー0217_04
  • 特集バナー0217_05
  • 特集バナー0210_01
  • 特集バナー0210_02
  • 特集バナー0210_03
  • 特集バナー0210_04
  • 基礎知識一覧