メニュー

セル生産ラインの設計手順:セル生産方式の基礎知識3

セル生産方式の基礎知識

更新日:2017年3月15日(初回投稿)
著者:楽々改善舎 現場改善コーチ 来嶋 一弘

前回は、セル生産方式のメリットである生産性と品質の向上について紹介しました。今回は、セル生産方式を応用したセル生産ラインに関して、「U字ライン」をモデルに設計手順について解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. セル生産ラインの設計手順

最初に、セル生産ラインは、どんな製品でも生産できるわけではないことに注意してください。手に持てるぐらいの大きさの製品が最適です。半導体のように小さな製品や、自動車のような大きく重い製品は適しません。特に、重い製品は手で持てないので、搬送する機械が必要となります。

セル生産ラインの中で、「U字ライン」をモデルに解説します。U字ラインは、上から見るとU字型に配置したラインで、複数の作業者で生産を行うものです。従来の5名のコンベヤラインを、U字ラインに置き換えを行う設計について解説します。図1にコンベヤラインのラインバランス分析を示します。サイクルタイムが15秒で、作業時間合計が68秒、総工数が75秒(サイクルタイム15秒×5工程)の製品です。この製品を2名のU字ラインで生産できるように設計を行います。

図1:5名のコンベヤラインのラインバランス分析

図1:5名のコンベヤラインのラインバランス分析

最初に、現状のコンベヤラインの各工程の時間分析として、5名の作業者の作業時間を測定します。注意点として、コンベヤラインの横に立ってストップウォッチで時間測定しても、正確な作業時間は測定できません。図1のラインバランス分析では、工程D以外は作業時間がサイクルタイムに達していません。つまり、「手待ち」があるのですが、実際にはこの手待ちが正確に測定できません。作業者は手待ちを嫌い、サイクルタイムに合わせて少し作業をゆっくり行っているため、一人ひとりの正確な作業時間の測定が難しいのです。正確な時間測定を行うためには、2つの方法があります。

一つは、1人ずつ時間測定を行う方法です。5個程度のワークを準備して、工程Aのみを繰り返し作業を行って、作業時間の測定を行います。工程Aが終わったら、工程Aが完了したワークを使って、工程Bの作業を行います。このように、1工程ずつ作業を行うことにより、手待ち時間の影響を受けず測定が可能になります。

さらに良い方法は、5工程全てを1人の作業者が行って、作業時間を測定する方法です。5工程の全ての作業ができる多能工がいる場合だけですが、熟練と新人の時間差が少なく測定できます。コンベヤ上で1人の作業者が、順番に1工程ずつ作業を行って、時間測定をします。作業者が標準作業者であれば、測定時間がそのまま標準時間になります。

生産機をチェック!(イプロス製造業)

2. セル生産の作業配分の方法とは?

次に、5名のコンベヤラインを、2名のU字ラインで生産するために、作業配分を行います。作業配分とは、5名の作業者の作業を、2名の作業者に配分することで、2名の作業時間を同じにすることが重要です。

例えば、ネジを10本締める作業を、2人の作業者に5本ずつに作業配分することは、理論上は可能です。しかし、2人の作業者に電動ドライバーが必要になり、実際にはできません。ネジ締め作業は1名の作業者が行い、2人が同じ作業時間になるように、もう1人の作業者に別の作業を与えるように調整を行います。

コンベヤラインでは、隣の作業者間でしか作業配分することができませんが、U字ラインは作業台が対面しているため工程の最初と最後でも作業配分ができます。コンベヤラインとU字ラインの違いは「作業配分のやりやすさ」で、次の事例で説明します。

作業配分の事例を図2に示します。5名で75秒の作業を、2名で生産できるようにします。2名の作業者を、XとYとします。作業者Xは、先頭工程から作業配分するのではなく、先頭と最終工程、つまり、工程Aと工程Eを担当するように作業配分します。作業者Yは、中間の工程B、C、Dを担当します。標準作業組合せ票を用いて、作業配分を行った事例を図2に示します。図2の緑色枠が作業者X、赤色枠が作業者Yの作業です。

図2:標準作業組合せ票を用いた作業配分の事例

図2:標準作業組合せ票を用いた作業配分の事例

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. 最重要!標準作業組合せ票の作成

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

生産機をチェック!(イプロス製造業)

  • セミナー7月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0708_01
  • 特集バナー0708_02
  • 特集バナー0708_03
  • 特集バナー0708_04
  • 特集バナー0708_05
  • 特集バナー0701_01
  • 特集バナー0701_02
  • 特集バナー0701_03
  • 特集バナー0701_04
  • 特集バナー0701_05
  • 基礎知識一覧