メニュー

微細放電加工とは?:放電加工の基礎知識8

放電加工の基礎知識

更新日:2017年8月31日(初回投稿)
著者:工学院大学 先進工学部 機械理工学科 教授 武沢 英樹

放電加工の基礎知識は、今回が最終回です。微細放電加工を紹介します。古くは、焼き入れした金型の最終仕上げ工程で用いられていた放電加工。最近では、μm単位の微細な部品加工に適用されるようになりました。その理由を解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 放電加工が微細加工に適している理由

なぜ、放電加工は微細加工に適しているのでしょうか。代表的な加工法である、切削加工、研削加工と放電加工を比較してみましょう。

切削加工で小さな穴加工を行う場合、ドリルを相手材料に強く押し付けて加工します。このとき、薄くて柔らかい材料だと、変形して加工精度が悪化します。加工の進行により、切りくずが発生することも精度悪化の要因です。数十μm径のドリルを用いる場合は、加工中にドリルが折れる可能性もあります。また、加工した穴形状の縁には、バリが発生します。

研削加工では、微小な研削工具を用いて微細加工を行います。この場合も、工具が相手材料に強い負荷を与えるため、材料の変形が生じます。加えて、数十μm径の微小な研削工具は市販されておらず、入手が困難です。

放電加工では、電極と工作物は数~十数μm離れているため、工作物への加工反力が非常に小さいです。また、電流やパルス幅の値を小さくすれば、生成する放電痕は直径数μm深さ1μm以下になるため、比較的容易に微細加工ができます。板厚によりますが、直径十μm以下の穴開け加工も可能です。工具電極の折れや破損が発生しにくく、バリやカケなど加工穴周囲の欠陥が少ないことも、放電加工のメリットです。

微細加工の事例集、あります(イプロス製造業)

2. 微細放電加工のための電極成形法

切削加工や研削加工で小さな穴を加工する場合、市販の工具を購入します。放電加工でも、約70μmくらいまでであれば、超硬材料のロッド電極が市販されています。70μmの電極では、73~75μmの穴加工が可能です。ただし、50μm以下の穴加工用の微小な電極は市販されていません。その場合、電極は特注するか、自分で成形する必要があります。

また、数十μmの電極を工具ホルダに取り付ける際、数μmの取り付け誤差が発生する恐れがあります。そこで、根本が太い電極の先端を加工機上で微細に成形し,そのまま穴加工を行うことで、工具電極の取り付け誤差を0にすることが可能です。電極を回転しながら成形すれば、主軸回転軸と電極軸の芯ずれも、ほぼ0にできます。このように、50μm以下の穴加工や微細加工では、加工機上で電極を成形し、そのまま加工部位に移動して微細放電加工を行うと、誤差なく加工が行えます。

これらの理由で、50μm以下の穴加工や微細加工では、加工機上で微細軸を成形します。放電加工で微細軸を成形する最も簡易な方法は、ブロック状の材料を用いるブロック成形法です。これは、逆放電法とも呼ばれています。ブロック成形法は、図1に示すように直径約100μmのロッド電極を、回転させながら形成ブロックの端面に近づけます。次に、放電しながら電極をブロック端面で走査させ、電極側面を消耗させることで微細軸を成形します。

図1:ブロック成形法(逆放電法)

図1:ブロック成形法(逆放電法)

このとき、電気条件はロッド電極側を消耗するように設定します。ブロック端面への切り込みを少しずつ大きくしながら電極を走査させ、放電を繰り返します。これにより、多少時間はかかるものの、直径50μm以下の微細軸に仕上げることが可能です。このように、回転装置が付いた形彫り放電加工機があれば、微細軸を成形できます。回転速度は、高速である必要はありません。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. 微細放電加工のための電源回路

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

微細加工の事例集、あります(イプロス製造業)

  • セミナー5月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0520_01
  • 特集バナー0520_02
  • 特集バナー0520_03
  • 特集バナー0513_01
  • 特集バナー0513_02
  • 特集バナー0513_03
  • 特集バナー0513_04
  • 基礎知識一覧