メニュー

爆発防止の考えと実施:爆発・防爆の基礎知識3

爆発・防爆の基礎知識

更新日:2020年3月13日(初回投稿)
著者:工学院大学 工学部 電気電子工学科 准教授 市川 紀充

前回は、ガスや粉体の使用と危険な場所について説明しました。今回は、爆発防止の考えと実施について解説します。 火災や爆発災害が発生してしまうのは、対策が十分ではないからです。火災や爆発災害の発生する確率が高く、災害の規模が大きいほど、リスクは高くなります。火災や爆発の発生を防止するため、着火源をなくすこと、十分な通風や換気を行うことが必要です。十分な通風や換気が行えないときは、防爆構造の電気機器の使用を検討しましょう。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 火災や爆発の予防と防爆

2019年10月31日に発生した首里城の火災の様子を見ると、火災が広がってしまうと、すぐには消火できないことが分かります。また、かつて起こった原子力発電所の事故では、突然、水素爆発が発生しました。これまでに発生した多くの火災や爆発災害から防止対策の検討が行われているため、あらかじめ対策が講じられていれば、こうした事故は防止可能であるように思われます。しかし、首里城の火災では、消火に必要な設備があったにもかかわらず、早期に消火できていませんでした。火災や爆発災害の防止に必要な対策を講じていたはずなのに、その対策が十分ではなかったといえます。

火災や爆発災害の事例を検討すると、注意しながら作業していたにもかかわらず、発生を防止できなかった事例があります。周囲で物が動くと、静電気や電気火花が自然に発生してしまい、それが原因となる例です。

例えば、静電気が原因となる例には、結晶粉体やグラニュー糖を容器に移す作業、ゴム揮発油やシンナーを使った作業、ガソリンを一斗缶に缶詰する作業、掃除機のごみをビニール袋に入れる作業などがあげられます。その他、トラックなどの振動で電気設備の配線の接続部が緩み、それが原因で加熱し電気火花が発生するという例があります。このように物が動くだけで、火災や爆発災害の着火源が現れます。すぐに消える小さな火であればヒヤリ・ハットで済みますが、中には大災害に及ぶものもあります。このため、リスクアセスメントを実施し、爆発リスクの低減を行うことが求められています。

リスクの低減は、1:予防(爆発要因の排除)、2:防護(防爆電気機器の使用)、3:使用者への情報提供の順に行います。ガス蒸気の火災や爆発災害を防止するには、1:電気機器と可燃物の共存を避ける、2:可燃物の爆発特性を消滅させる、3:電気機器が着火作用(能力)を有しないようにする、というように段階を踏んで検討しましょう(図1)。

図1: リスクの低減、ガス蒸気の火災や爆発災害を防止

図1: リスクの低減、ガス蒸気の火災や爆発災害を防止

2. 電気機器と可燃性物質

蛍光灯のスイッチをオン、オフするときや、ノートパソコンの電源プラグをコンセントから抜くときに、小さな電気火花が発生しています。その電気火花は、電位差がある二つの導体が離れるとき、電流が流れ続けようとするために起こります。一般的な電気機器は使用時に小さな電気火花を発生させる可能性があります。そしてこの電気火花は、火災や爆発災害の着火源になることがあります。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. ガスの換気と防爆構造の電気機器

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • セミナー3月
  • カタログバナー
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0323_01
  • 特集バナー0323_02
  • 特集バナー0323_03
  • 特集バナー0323_04
  • 特集バナー0323_05
  • 特集バナー0316_01
  • 特集バナー0316_02
  • 特集バナー0316_03
  • 特集バナー0316_04
  • 基礎知識一覧