メニュー

HACCPの運用方法:HACCP実践の基礎知識3

HACCPとは何か?:HACCP実践の基礎知識1
更新日:2016年7月1日(初回投稿)
著者:株式会社フーズデザイン 代表取締役 加藤 光夫

HACCP関連の製品をチェック!(イプロス医薬食品技術)

前回、重要な一般的衛生管理であるOPRP(Operation Prerequisite Programs:オペレーション一般的衛生管理)について解説しました。また、OPRPと一般的衛生管理PRP(Prerequisite Programs)、CCP(Critical Control Point:重要管理点)の違いについても触れました。今回は、その3つの管理方法を使って、実際にHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point:危害分析重要管理点)の安全管理を実践する方法について解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 各工程での危害は?:危害分析

HACCPでは、まず1つの製品の製造工程を全て書き出し、各工程の中でどのようなハザードがあるのか、予測も含めてリストアップします。これがHA(Hazard Analysis:危害分析)です。そして、そのハザードを防止するための安全管理方法を、各工程で決めていきます。このHACCPの構築の方法を、加熱ハンバーグの製造を例に見ていきましょう。加熱ハンバーグの製造工程をフローチャートにすると図1のようになります。

加熱ハンバーグ製造のフローチャート

図1:加熱ハンバーグ製造のフローチャート

はじめに、フローチャートの各工程番号と工程名を表にし、各工程での危害を書き込んでいきます(図2)。これが危害(ハザード)分析です。

フローチャートからハザード分析表の作成

図2:フローチャートからハザード分析表の作成

ここで大事なのは、その製品について過去に出た問題やクレームをもう一度検討することです。過去のクレーム処理レポート、現場でのヒアリング、各製造工程の担当者からのハザード予測などを総合的に見直すことで、過去の問題が、どの工程で起こったのか、あるいは起こった可能性が高いのかを探り出します。そして、その問題をハザードとして、工程リストに書き入れていきます。

これにより、それぞれの工程でのハザードが明らかになります。ハザードの特徴が分かれば、それぞれの製造工程での安全管理方法を決めることができます。工程ごとに、もっとも重要な安全管理を集中して実施できるようになります。

X線検査装置をチェック!(イプロス医薬食品技術)

2. 危害に対する管理方法の決定

危害(ハザード)分析で、各工程のハザードが明らかになりました。次は、各工程での安全管理方法を決めていきます。

1の原料肉~8の成形の工程は、製造環境をきれいにすることを重視するので、一般的衛生管理PRPで管理します。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. OPRPとCCPの詳細を決める

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

HACCP関連の製品をチェック!(イプロス医薬食品技術)

  • セミナー3月
  • カタログバナー
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0323_01
  • 特集バナー0323_02
  • 特集バナー0323_03
  • 特集バナー0323_04
  • 特集バナー0323_05
  • 特集バナー0316_01
  • 特集バナー0316_02
  • 特集バナー0316_03
  • 特集バナー0316_04
  • 基礎知識一覧