メニュー

KPIの選定手順と留意点:物流管理の基礎知識6

物流管理の基礎知識

更新日:2020年3月26日(初回投稿)
著者:流通経済大学 流通情報学部 教授 苦瀬 博仁

前回は、企業経営と物流KPIを説明しました。企業の物流活動を評価するKPI(重要業績評価指標、Key Performance Indicator)は、PDCAサイクルを通じた企業活動の改善に必要不可欠です。だからこそ、各社の企業経営の目標に合わせて、適切なKPIを選定する必要があります。今回は、KPIの選定手順を示すとともに、KPIを選定する上での留意点について解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. KPIの選定手順

KPIの選定の手順は、表1に示すように、自社および取引先の特性の理解、選定の目的の明確化、企業経営の目標にもとづく指標の選定の3つからなります。

表1:KPIの選定手順

表1:KPIの選定手順

自社および取引先の特性の理解(1)とは、「自社および取引先の、業種、業態、企業規模などの特性を把握すること」です。多くの企業が物流に関わっていますが、各企業や業界(メーカー、卸・小売業者、物流事業者など)ごとに、重視する評価項目や評価指標は異なります。

例えば、発注者としての卸・小売業者は、納期の遵守を重視する一方で、受注者としてのメーカーは、生産コストの低減を重視する場合があります。また、物流事業者は、配送コストの低減や付帯業務の有無を重視する場合があります。さらに消費者は、環境や安全を重視する場合があります。このため、自社および取引先の特性を踏まえて、KPIを選定する必要があります。

選定の目的の明確化(2)とは、「評価指標を用いて行う評価の目的と対象、評価結果の利用方法などを明らかにすること」です。同一の企業内であっても、部門などによって重視する評価指標は異なります。

例えば、経営者は、売上高や利益率などの経営に関わる指標を重視しますが、物流管理者は、納期遵守率や欠品率などの物流業務全般に関わる指標を重視します。また、作業者はピッキングミス率や保管効率や積載率などの個別の物流業務に関わる指標を重視します。このため、評価の目的を踏まえて、適切なKPIを選定する必要があります。

企業経営の目標にもとづく指標の選定(3)とは、「企業活動(生産活動、保管活動、輸配送活動など)と、4つの企業経営の目標(売上の増加、費用の削減、資産の活用、事業の成長性)を、整合させること」です。第5回表2で示したように、企業経営の目標と対応させてKPIを選ぶ必要があります。

2. KPI選定の留意点

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • セミナー3月
  • カタログバナー
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0323_01
  • 特集バナー0323_02
  • 特集バナー0323_03
  • 特集バナー0323_04
  • 特集バナー0323_05
  • 特集バナー0316_01
  • 特集バナー0316_02
  • 特集バナー0316_03
  • 特集バナー0316_04
  • 基礎知識一覧