メニュー

投影図の描き方:機械製図の基礎知識2

機械製図の基礎知識

更新日:2019年10月23日(初回投稿)
著者:Material工房・テクノフレキス 代表 藤崎 淳子
監修:株式会社ラブノーツ 代表取締役 技術士(機械部門) 山田 学

前回は、製品開発における図面の役割と、設計・製図に必要な基本要素を紹介しました。今回は、投影図の描き方を解説します。立体形状を図面として表すための、平面の投影図の概念をつかみ、正しい図面を描くために必要な、JISで定められた図面様式を理解しましょう。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 用紙サイズ、線の種類と用途、尺度

3DCADを使った設計が主流になりつつある現在、図面の描き方も、さまざまに試行錯誤されています。例えば、図面を使用せず、3Dモデル上に直接寸法を記入する図面レスの方法や、図面には主要寸法だけを記入し、一般寸法は3Dモデルを参照させるなどの方法です。しかし、加工や検査の現場では、紙の図面がないと作業性が悪いため、紙図面はどうしても必要とされます。

紙図面のサイズについて、JIS製図では、A列の5種類を標準サイズとして規定しています。A0を最大として、それを半分にしたものがA1です。また、A1を半分にしたものがA2、その半分がA3という具合に小さくなります(図1)。

図1:図面の大きさと種類

図1:図面の大きさと種類(引用:JIS B 0001 A列サイズ-第一優先、2019年、P.5)

A3以上の大きな紙図面は、持ち運び時や保管時には折りたたむ必要があります。この折り方にもルールがあります。折り方の種類には次の3つがあり、どれもA4サイズ仕上がりに折りたたむ方法です。

・基本折り:一般的に折りたたむ方法

・ファイル折り:とじ代を設けて折りたたむ方法

・図面袋折り:主にとじ穴のあるA4の袋の大きさに入るように折りたたむ方法

表1に、一般的に用いられる基本折りの折り方を示します。なお、表1で示した表題欄については、次の項目で説明します。

表1:図面の基本折り(引用:JIS Z 8311 基本折り、1998年、P.10)

表1:図面の基本折り

図面に描く線にも、種類と太さ、そして適用のルールがあります。線種と太さは次の8種類です。なお、旧JISにあった中線(ちゅうせん)は、現在のJISには存在しません。

・太い実線(じっせん)

・細い実線

・極太の実線

・太い破線(はせん)

・細い破線

・太い一点鎖線(いってんさせん)

・細い一点鎖線

・細い二点鎖線(にてんさせん)

表2に、線の適用ルールを示します。

表2:線の種類と適用(抜粋)(引用:JIS B 0001 線の種類および用途、2019年、P.8)

表2:線の種類と適用(抜粋)

図面に描く図形は、原寸大が良いとされます。しかし、設計する部品の性質上、図面サイズに対して投影対象物が小さすぎたり、逆に大きすぎたりすることがあります。その場合、尺度を変更して図面を描くことができます。尺度について、JISでは推奨尺度が規定されています。ここに手ごろな尺度がなければ、自分で最適な尺度を決めて使用しても差し支えありません(表3)。

表3:推奨する尺度(引用:JIS B 0001推奨する尺度、2019年、P.20)

表3:推奨する尺度

2. 表題欄

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

3. 第一角法と第三角法と矢示法

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • カタログバナー
  • セミナー11月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1111_01
  • 特集バナー1111_02
  • 特集バナー1111_03
  • 特集バナー1111_04
  • 特集バナー1105_01
  • 特集バナー1105_02
  • 特集バナー1105_03
  • 特集バナー1105_04
  • 基礎知識一覧