メニュー

寸法補助記号1:機械製図の基礎知識7

機械製図の基礎知識

更新日:2020年2月26日(初回投稿)
著者:Material工房・テクノフレキス 代表 藤崎 淳子
監修:株式会社ラブノーツ 代表取締役 技術士(機械部門) 山田 学

前回は、寸法記入要素と寸法記入に関するルールを紹介しました。図面に寸法を記入する際、サイズを明確にする寸法数値の他に、形状の意味を指示する記号を用います。JISではこれを、寸法補助記号と規定しています。今回は、寸法補助記号の種類と意味、記入に関するルールを解説します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 各種の記号(φ、R、C)

寸法補助記号は、寸法数値に付与して、寸法に形状の意味を持たせるための記号です(表1)。本稿では、基本として押さえておきたい3つの寸法補助記号、φ(直径)、R(半径)、C(45°の面取り)を解説します。

表1:寸法補助記号の種類と呼び方

表1:寸法補助記号の種類と呼び方

2. 直径の指示

円形の対象物を側面から見た図や、断面で表す場合、それが円の直径であることを示すために、寸法数値の前に直径記号φを記入します(図1)。

図1:円を側面から見た図の直径指示例

図1:円を側面から見た図の直径指示例

円を正面から見た図に直径寸法を指示するときなど、寸法線の両端に端末記号(第6回参照)が付く場合は、φは記入しません。(図2)。ただし、これはJIS製図による作法で、実際には、寸法線の両端に端末記号が付く場合もφを記入することが一般的です。

図2:円を正面から見た図の直径指示例

図2:円を正面から見た図の直径指示例

引き出し線を用いて寸法を指示した場合、数値だけでは、直径または半径のどちらを表しているのか区別が付きません。このときは、φを記入する必要があります(図3のa)。ただし、円を正面から見た図や、側面図、断面図で円形が表れない図において、直径の寸法数値の後に明らかに円形と分かる加工方法(キリ、リーマなど)が併記される場合はφを記入しません(図3のb)。

図3:引き出し線による直径指示例

図3:引き出し線による直径指示例

 同一寸法の穴が多数整列した状態の寸法を記入する場合、その穴の1つから引き出し線を引き出し、穴の総数を表す数字の次に、×を記入します(図4)。

図4:一群の同一形状の指示1

図4:一群の同一形状の指示1

これは円の直径だけでなく、角穴や長穴、切り欠きにも使える方法です(図5)。

図5:一群の同一形状の指示2

図5:一群の同一形状の指示2

3. 半径の指示

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

4. 面取りの指示

保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • 基礎知識を社内で利用したい方

ピックアップ記事

tags