メニュー

配管設備の長寿命化:配管の基礎知識7

配管の基礎知識

更新日:2018年4月26日(初回投稿)
著者:有限会社巌技術研究所 代表取締役 土井 巌

前回は、配管の劣化対策について紹介しました。最終回の今回は、配管の耐用年数と長寿命化を取り上げます。近年、建物や生活環境に対する信頼性や、安全性の確保が強く要求される中、配管設備の長寿命化が求められるようになりました。長寿命化を目指す際に、注意すべき点を説明します。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 配管の耐用年数

配管の耐用年数とは、配管設備が老化現象を起こし、補修が不可能となる年数のことです。更新工事の予測をするためにも必要な知識です。耐用年数は管・継手の素材や使用環境、保全管理の適否などで変わるため、設定は困難です。表1に、配管システムの耐用年数に影響を与える条件をまとめました。これ以外にも、建物の用途や施工技能によっても耐用年数は変わります。

表1:配管の耐用年数に影響を与える要因
 性能面使用条件保全管理
 流体・稼働時間
・水質
・温度
・流速
・常用圧力
・水質管理
・管内清掃
配管環境・土質と水位
・大気汚染・日照・湿度
・海塩粒子
・外面防食・点検の容易性
 配管・管径
・配管勾配
・各種防食処理
・配管位置
・配管材料
・接合方法
・点検修理の容易性

配管の種類や使用される場所によって、必要な耐用年数は異なります。耐用年数の目安として、グレードがあります。グレードとは、配管の位置や、管材の種類と接合方法の組み合わせなどによって、必要な耐用年数(期待耐用年数)をA~Eの5つに分類したものです。グレードの詳細をまとめました。

・グレードA

グレードAの期待耐用年数は60年以上です。グレードAが指定される配管は、土間コンクリートの下、舗装の下、壁や床の埋め込み、ブロック積やパイプシャフト内など、補修する際に建築構造の破壊を必要とする箇所です。水道用鉛管や排水用鉛管をはんだ付け・軟ろう付けした場合も、グレードAが求められます。

・グレードB

グレードBの期待耐用年数は40年以上です。補修時に仕上げ材の取り外しを必要とするプレハブ天井内、床下配管、作業用マンホール付の部位などへの配管が該当します。屋内配管用ステンレス鋼管を溶接した場合もグレードBが必要です。

・グレードC

グレードCの期待耐用年数は30年以上です。二重天井内のように、仕上げ材の交換と同時期に修繕を実施する配管や、炭素鋼鋼管や屋内配管用ステンレス鋼管を電気溶接した場合などが当てはまります。

・グレードD

グレードDの期待耐用年数は20年以上です。全面開扉シャフト内や配管ユニット内、全面ふた付きピットなど、点検扉を有している部位への配管はグレードDです。

・グレードE

グレードEの期待耐用年数は15年以上です。随時交換ができる機械室内配管、屋上露出配管、土中配管、器具内配管などが当てはまります。

2. 配管設備の長寿命化

配管で最も大切なことは、できるだけ長く安全に使用できることです。長寿命化を達成するために大切なポイントは、大きく3点あります。配管更新を考慮した設計、配管設備の維持・保全・安全、使用環境に合わせた配管です。それぞれを詳しく説明します。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧