メニュー

アスファルト防水と施工:防水工事の基礎知識4

防水工事の基礎知識

更新日:2019年5月8日(初回投稿)
著者:東京工業大学 名誉教授 田中 享二

前回は、防水層に要求される性能と試験を説明しました。今回から具体的な防水材料と防水層の作り方について解説します。防水層は基本的に現場で作られます。工場のように安定した穏やかな環境ではないので、屋外の気象でも対応できるような材料と施工法が使用されています。

今すぐ、技術資料をダウンロードする!(ログイン)

1. 防水層の施工法

防水層とは、マンションなどのコンクリート屋根に、雨漏り防止のために施される設備です。施工法には、不定形材料による工法、定形材料による工法、不定形材料と定形材料を併用する工法があります(図1)。この3つについて説明します。

図1:防水層の施工法

図1:防水層の施工法

・不定形材料による工法

不定形材料による工法とは、現場に不定形(液状)な防水材料を持ち込んで、これを下地に塗りつける、あるいは吹きつける工法です。材料は、化学反応や水分、溶剤の散逸により次第に硬化し、ゴム状の被膜となります。塗料をイメージするとよいでしょう。この方法の優れている点は、継ぎ目のない一体の防水被膜を作ることができることです。液状材料なので下地の形に自由に対応でき、複雑な形状の屋根や台、貫通パイプなどの障害物がある屋根には最適です。一方、防水被膜は現場作業により作られるため、厚さが不安定になりやすいという短所があります。現場での安定した膜厚管理が求められます。

・定形材料による工法

定形材料による工法とは、あらかじめ工場で作られた定形の防水材料を現場に持ち込み、下地に施工する方法です。シートの幅は1m前後で長さが10~20m位です。工法は、下地に接着剤を塗布し防水シートを張り付ける接着工法と、専用のファスナーを用いて防水シートを下地に固定する機械的固定工法の2つがあります。この方法の良い点は、管理された工場で材料が作られるので防水層の厚さが均一であること、現場の作業はシートを取り付ける作業だけのため施工時間の大幅な短縮化が図れることです。ただ、工場で作ることのできるシートの大きさには限度があり、広い面積の施工にはシート同士を接合する必要があります。この接合部はジョイントと呼ばれ、防水上の弱点になりやすいので慎重な作業が求められます。

・不定形材料と定形材料を併用する工法

不定形材料と定形材料を併用する工法とは、前者2工法を複合化したものです。まず不定形材料を施工して、その上に定形材料を施工します。これにより、2工法の弱点を打ち消すことができ、水密安定性が非常に高まりますが、その分だけ手間と時間を要します。

2. 防水層の種類

防水層を作るのに適した材料が開発されてきており、材料の性質に応じた工法で施工されています。表1は、アスファルト防水層、改質アスファルトシート防水層、シート防水層、塗膜防水層、ステンレスシート防水層の施工法を表しています。

表1:防水層の種類

表1:防水層の種類

この中で、アスファルト防水層は、歴史があり信頼性の高い防水層です。土木分野でも、アスファルトは舗装道路材料として大量に用いられています。熱で溶け、冷えると固まるという原理で施工できますが、手間と高い技術を要するため改質アスファルトシート防水が開発されました。今回は、この2つの防水層について説明します。

続きは、保管用PDFに掲載中。ぜひ、下記よりダウンロードして、ご覧ください。

  • セミナー5月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0520_01
  • 特集バナー0520_02
  • 特集バナー0520_03
  • 特集バナー0513_01
  • 特集バナー0513_02
  • 特集バナー0513_03
  • 特集バナー0513_04
  • 基礎知識一覧