メニュー

基礎知識

動力設備:電気設備の基礎知識4

動力設備:電気設備の基礎知識4

今回は、動力設備を解説します。動力設備は、動力を利用するための設備です。動力とは運動エネルギーであり、モータの使用によって電気エネルギーから変換できます。つまり、動力設備とはモータを使う設備だと考えていいでしょう。動力設備は、さまざまな動力機器と動力盤から構成されます。ここでは、代表的な動力機器である空調設備と搬送設備(エレベータ)を取り上げます。また、動力設備に共通する機器であるモータとインバータについても説明します。

防じんマスクとは:防毒・防じんマスクの基礎知識5

防じんマスクとは:防毒・防じんマスクの基礎知識5

今回からは、もう1つの呼吸器用保護具である防じんマスクについて、2回にわたり解説します。まず今回は、防じんマスクの種類と性能を、そして最終回となる次回では、使用上の注意点や注意すべき労働災害事例などを紹介します。

サイズ公差の表し方:機械製図の基礎知識(設計精度保証編)1

サイズ公差の表し方:機械製図の基礎知識(設計精度保証編)1

図面は、製造に関わる全ての人に設計者の意図を伝える手段です。設計意図を正しく反映した製品を作るには、材質と形状と寸法に加えて、精度を保証するための情報を図面に記す必要があります。本連載では6回にわたり、図面に設計精度を織り込むための基礎知識と、機械要素の描き方を解説します。第1回は、公差の考え方を説明します。公差とは、部品を加工する際に生じる寸法のばらつきで、許容される誤差です。なお、2016年のJIS改正により、寸法は大きさと位置に分類し、大きさに関する精度はサイズ公差、位置に関する精度は幾何公差で指示すべきと提言されました。本シリーズでは、幾何公差との関連を同時に説明することが難しいため、従来から日本国内で使用している寸法公差の概念で説明します。

3Dプリンタ活用の基礎:3Dプリンタの基礎知識2

3Dプリンタ活用の基礎:3Dプリンタの基礎知識2

今回は、何をどうすれば3Dプリンタを使って立体造形物を作ることができるのかを解説します。まず、出力の大まかなフローを紹介した上で、出力のために必要な情報(データ)の作成、さらに最終的な出力のための設定について説明します。書類を印刷する紙のプリンタと違って、3Dプリンタは加工機の一種であるため、きちんと立体を作るための最低限の設定について理解していきましょう。

フォトニクスを支える光デバイス:半導体の基礎知識4

フォトニクスを支える光デバイス:半導体の基礎知識4

今回は、半導体の光デバイスへの応用を説明します。交通分野では、信号機用の光源として三色の発光ダイオードが使われています。太陽の逆光時の視認性も従来の白熱電球と比較して大きく改善され、光源の寿命も格段に延びました。また、照明分野では水銀を使った蛍光灯が、白色発光ダイオードに置き換えられています。さらに、インターネット光通信システムの光源には、光波長1.55μmの半導体レーザが使われています。これらの社会インフラを支える光半導体デバイスの実現には、日本の研究者が深くかかわっています。

感染症を正しく知る:職場の感染症対策の基礎知識1

感染症を正しく知る:職場の感染症対策の基礎知識1

未知の感染症である新型コロナウイルス感染症の流行は、またたく間にパンデミック(世界的な大流行)となり、日本もその例外ではありません。この冬以降、新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの同時流行が懸念される中、更なる流行から職場を守るためには、この新たな感染症を改めて正しく理解し、求められる感染予防対策を着実に実行することが必要です。本連載では、全6回にわたり、職場における感染症対策の基礎知識を解説します。第1回は、感染症の正しい知識を紹介します。

配線設備の基礎知識:電気設備の基礎知識3

配線設備の基礎知識:電気設備の基礎知識3

今回は、建物内部の配線と、それに使う電線やケーブルについて解説します。電力は、配線設備によって建物の隅々まで送り届けられています。そして、実際に電力を運ぶのはケーブルや電線です。どのようなケーブルをどこに配置するか、つまり配線は電気設備の基本です。そこで、ケーブルの選定法(容量計算)も合わせて紹介していきます。

防毒マスクの選定基準と注意点:防毒・防じんマスクの基礎知識4

防毒マスクの選定基準と注意点:防毒・防じんマスクの基礎知識4

4回目となる今回は、多くの種類を持つ防毒マスクの中から、マスクを選ぶ基準について解説します。また、実際に作業現場で起きた労働災害を例に、防毒マスクの使用で注意すべきことや、日常の管理などを含めて紹介していきます。

伝熱現象の基本2:熱工学の基礎知識6

伝熱現象の基本2:熱工学の基礎知識6

今回は最終回です。前回に引き続き、伝熱現象の基本として、熱ふく射と、工業的に重要な熱移動現象である凝縮(凝結ともいう)、蒸気を作る際の沸騰について説明します。また、高温流体から低温流体へ熱を伝える装置(熱交換器)についても解説します。

    ピックアップ記事

    tags