メニュー

コラム

ノーベル賞技術で検査工程が変わる?:寸法・外観検査の技術トレンド1

ノーベル賞技術で検査工程が変わる?:寸法・外観検査の技術トレンド1

生産現場には、必ず存在する検査工程。大型のワークになると、人の目に頼っているのが現状です。今、その検査工程も自動化されようとしています。どのような技術が使われているのか、さらに検査の自動化により起きる生産現場の変化を、全3回にわたり紹介します。

人材不足時代のバリ取りとは?

人材不足時代のバリ取りとは?

製造業では欠かせない工程の一つ、バリ取り。製品品質を左右する重要な作業であるものの、地味で根気がいるために作業者から敬遠されがちな工程でもありました。そんなバリ取りに、現在、変化が起こっているのをご存知ですか? 次世代のバリ取り方法とともに、公式ロゴマークまである「バリ取りの日」を紹介します。

i-Constructionの普及に向けて:i-Constructionによる建設現場の生産革命6

i-Constructionの普及に向けて:i-Constructionによる建設現場の生産革命6

i-Constructionでは、ICTの導入を前提として基準やマニュアルが大きく見直されました。ただし、それらを満たすための技術は確立されたものではなく、今後は各現場で適した技術の種類と使い方を模索しなければなりません。最終回となる今回はi-Constructionの普及に向けて、留意点と期待を述べます。

Tech Noteへの寄稿を募集します!

Tech Noteへの寄稿を募集します!

この度、Tech Noteでは、記事の寄稿(ゲスト寄稿)を募集することになりました。製造業・建設業の技術者向けに発信したい情報は、ありませんか? Tech Noteの趣旨や寄稿ガイドラインにご賛同いただける方は、ぜひフォームよりご応募ください。同じフォームで、質問も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。

建設ロボットの導入:i-Constructionによる建設現場の生産革命5

建設ロボットの導入:i-Constructionによる建設現場の生産革命5

1980年代の建設ラッシュでは建設業の人手不足が深刻化し、建設会社は建設ロボットの開発に取り組みました。建設ロボット開発が下火になった原因は、1990年代のバブル崩壊です。しかし、災害現場などでは必要性が高かったため、ロボット技術の開発は続けられてきました。今回は、建設分野におけるロボット技術導入の現状をご紹介します。

ICTを用いた精緻なマネジメント:i-Constructionによる建設現場の生産革命4

ICTを用いた精緻なマネジメント:i-Constructionによる建設現場の生産革命4

今回はICTを用いた精緻なマネジメントについて、具体例を挙げて解説します。ICTを用いて集めたさまざまな情報は、活用することで価値が生まれます。不確定要因が多い建設分野では、情報を活用して精緻なマネジメントを行うことで、人や機材、資材を適切に投入し、生産性向上と環境負荷低減を両立させることができるのです。

施工におけるICTの導入:i-Constructionによる建設現場の生産革命3

施工におけるICTの導入:i-Constructionによる建設現場の生産革命3

i-Constructionの先行プロジェクトとして、土工におけるICTの全面活用が進められています。土工の各工程で3次元データを横断的に使用し、インフラ整備のプロジェクト全体の効率化を図り、生産性の向上を目指しています。今回は、施工におけるICTの活用です。

  • セミナー8月
  • 寄稿募集
  • 基礎知識一覧
  • 販促サイト_海外展示会一覧

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0702_01
  • 特集バナー0702_02
  • 特集バナー0702_03
  • 特集バナー0702_04