メニュー

コラム

マイクロプラスチックの生成メカニズムと有害化学物質の吸着性能:マイクロプラスチック問題を考える2

マイクロプラスチックの生成メカニズムと有害化学物質の吸着性能:マイクロプラスチック問題を考える2

今回は、マイクロプラスチックの生成メカニズム、有害化学物質の吸着性能について説明します。現在もいろいろな調査や研究がされており、見解の違いや不明点がかなり存在しています。

マイクロプラスチックによる問題とは?:マイクロプラスチック問題を考える1

マイクロプラスチックによる問題とは?:マイクロプラスチック問題を考える1

「マイクロプラスチックが、生態系や人体に悪影響を及ぼしている」最近、こんな報道をよく目にするようになりました。ただ、プラスチックの廃棄問題はずっと以前からありました。このコラムでは、マイクロプラスチックの定義や性質、マイクロプラスチックにより起こる問題などを、分かりやすく解説していきます。(全3回)

硬さ試験とは

硬さ試験とは

本コラムでは、硬さを測定する硬さ試験について取り上げます。硬さ試験には、ロックウェル硬さ試験、ビッカース硬さ試験、ブリネル硬さ試験などの種類があり、他の試験と比べてスケールや単位が複雑です。目的に合致した試験手法を選定することができるよう、それぞれの試験の概要を解説します。

原価管理、6つのおすすめ書籍:専門書ライブラリ

原価管理、6つのおすすめ書籍:専門書ライブラリ

原価管理の基礎知識(全8回)は、ご覧になりましたか? さらに原価管理を学びたい、実務に生かしたいと思う人のために、原価管理の基礎知識の著者である小川 正樹氏(株式会社MEマネジメントサービス 代表取締役 マネジメントコンサルタント 技術士(経営工学))に、おすすめの書籍をお伺いしました。

鍛造加工、3つのおすすめ書籍:専門書ライブラリ

鍛造加工、3つのおすすめ書籍:専門書ライブラリ

鍛造加工の基礎知識(全6回)は、ご覧になりましたか? さらに鍛造加工を学びたい、実務に生かしたいと思う技術者のために、鍛造加工の基礎知識の著者である北村 憲彦氏(名古屋工業大学 電気・機械工学専攻 機械工学分野 教授)に、おすすめの3つの書籍をお伺いしました。

ねじ締付試験とは

ねじ締付試験とは

私たちの日常生活には、ねじを使用した製品が数多くあります。ねじは締付時や、締付後一定の時間が経過すると締付不良が生じる恐れがあり、さまざまな不具合や事故につながります。特に、自動車や鉄道車両、建築物などでは、締付不良を確実に防がなければなりません。ねじの締付不良を防ぐには、ねじの締付軸力・締付トルクを適切に管理する必要があります。本コラムでは、締付軸力・締付トルクの関係と、適切な締付軸力・締付トルクを計測するための試験方法について解説します。

振動試験とは

振動試験とは

振動試験は、製品へ振動を与えて影響を調べる試験です。振動により、装置の誤動作やねじの緩み、見栄えの悪化など、さまざまな問題が発生します。そのため、品質管理の観点から、振動試験の実施を求められることが増えています。振動試験を行う上で役立つことや、注意点などを解説します。

  • セミナー7月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0617_01
  • 特集バナー0617_02
  • 特集バナー0617_03
  • 特集バナー0617_04
  • 特集バナー0610_01
  • 特集バナー0610_02
  • 特集バナー0610_03
  • 特集バナー0610_04
  • 基礎知識一覧