メニュー

コラム

マイクロバブル・ファインバブルと工作機械

マイクロバブル・ファインバブルと工作機械

バブル(泡)は、古くから人々の暮らしの中にあるものでした。自然界では大きな泡から微細な泡(ファインバブル)まで生成され、存在しています。このファインバブルを意図的に多量に発生させると大きな効果があることが分かってきました。広島で赤潮対策のためにファインバブルを利用したところ、カキの生育を促進させました。このことが報道され、大きな話題を呼びました。これをきっかけにファインバブルへの関心が深まり、研究が進み、水産業や農業、医療、食品工業、化学工業、排水・水浄化などに応用されるようになりました。現状は応用技術が先行し、科学的解明が遅れています。特に生物活性化などのメカニズムは未解決です。ここでは、ファインバブルを発生させるループ流式OKノズルを用いた、工作機械での応用事例を紹介します。現場で困っている問題を解決する手段として参考にしていただければと思います。

マイクロプラスチックの生成メカニズムと有害化学物質の吸着性能:マイクロプラスチック問題を考える2

マイクロプラスチックの生成メカニズムと有害化学物質の吸着性能:マイクロプラスチック問題を考える2

今回は、マイクロプラスチックの生成メカニズム、有害化学物質の吸着性能について説明します。現在もいろいろな調査や研究がされており、見解の違いや不明点がかなり存在しています。

マイクロプラスチックによる問題とは?:マイクロプラスチック問題を考える1

マイクロプラスチックによる問題とは?:マイクロプラスチック問題を考える1

「マイクロプラスチックが、生態系や人体に悪影響を及ぼしている」最近、こんな報道をよく目にするようになりました。ただ、プラスチックの廃棄問題はずっと以前からありました。このコラムでは、マイクロプラスチックの定義や性質、マイクロプラスチックにより起こる問題などを、分かりやすく解説していきます。(全3回)

硬さ試験とは

硬さ試験とは

本コラムでは、硬さを測定する硬さ試験について取り上げます。硬さ試験には、ロックウェル硬さ試験、ビッカース硬さ試験、ブリネル硬さ試験などの種類があり、他の試験と比べてスケールや単位が複雑です。目的に合致した試験手法を選定することができるよう、それぞれの試験の概要を解説します。

ねじ締付試験とは

ねじ締付試験とは

私たちの日常生活には、ねじを使用した製品が数多くあります。ねじは締付時や、締付後一定の時間が経過すると締付不良が生じる恐れがあり、さまざまな不具合や事故につながります。特に、自動車や鉄道車両、建築物などでは、締付不良を確実に防がなければなりません。ねじの締付不良を防ぐには、ねじの締付軸力・締付トルクを適切に管理する必要があります。本コラムでは、締付軸力・締付トルクの関係と、適切な締付軸力・締付トルクを計測するための試験方法について解説します。

振動試験とは

振動試験とは

振動試験は、製品へ振動を与えて影響を調べる試験です。振動により、装置の誤動作やねじの緩み、見栄えの悪化など、さまざまな問題が発生します。そのため、品質管理の観点から、振動試験の実施を求められることが増えています。振動試験を行う上で役立つことや、注意点などを解説します。

プレス機の動的精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画5

プレス機の動的精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画5

第5回は、プレス機の動的精度の低下を紹介します。プレス加工は、ミクロン単位の高い精度が求められることもあります。しかし、加工中にプレス機が振動したり傾いたりすることで、精度は低下してしまいます。計測器を取り付けた特別なプレス加工機を用いて、加工中の振動や傾きの度合いを計測しました。精度低下の対策も紹介します(再生時間:1分26秒)。

円筒絞りのしわ:プレス加工のトラブル対策動画4

円筒絞りのしわ:プレス加工のトラブル対策動画4

第4回は、円筒絞り時に生じる、しわの原因と対策を紹介します。1枚の板金を円筒形状に加工すると、フランジ部がしわになってしまいます。しわを防ぐには、ダイクッションやしわ押さえの役割を理解し、適切に利用する必要があります。実際の加工の様子を見ながら、ダイクッションやしわ押さえについて学びましょう(再生時間:1分10秒)。

対策後に別のエラーが発生:ヒューマンエラーのトラブル対策動画5

対策後に別のエラーが発生:ヒューマンエラーのトラブル対策動画5

第5回は、ヒューマンエラーの対策後、別のヒューマンエラーが発生してしまう場合の対策を取り上げます。ヒューマンエラーの原因はさまざまなので、ある原因を防止しても、別の原因で別のヒューマンエラーが発生してしまいます。多様な観点から対策を施すための、4つのチェックポイントを紹介します(再生時間:1分05秒)。

改善策が浸透しない:ヒューマンエラーのトラブル対策動画4

改善策が浸透しない:ヒューマンエラーのトラブル対策動画4

第4回は、改善策が現場に浸透しない場合の対策を紹介します。せっかく考案した改善策も、現場が納得しなければ、実施されないかもしれません。改善策を現場に浸透させるための3つのポイントを学びましょう(再生時間:1分01秒)。

せん断切り口による組立精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画3

せん断切り口による組立精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画3

大量生産の代表格、プレス加工。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第3回は、せん断切り口による組立精度の低下を取り上げます。せん断切り口の状態は、クリアランス(パンチとダイの隙間)の大小で変化します。クリアランスとせん断切り口の関係性を学んでおくと、不具合発生時に、迅速に対応できます(再生時間:1分35秒)。

対策のための情報不足:ヒューマンエラーのトラブル対策動画3

対策のための情報不足:ヒューマンエラーのトラブル対策動画3

ヒューマンエラーによる事故やトラブルは、あらゆる場面で発生しています。全5回にわたり、ヒューマンエラー対策の実施で起きやすいトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第3回は、対策のための情報不足です。現場からのヒヤリ・ハットやヒューマンエラーの報告が少ないときは、報告を負担に感じているのかもしれません。具体的な原因と対策を学びましょう(再生時間:1分04秒)。

チェック漏れ:ヒューマンエラーのトラブル対策動画2

チェック漏れ:ヒューマンエラーのトラブル対策動画2

ヒューマンエラーによる事故やトラブルは、あらゆる場面で発生しています。全5回にわたり、ヒューマンエラー対策の実施で起きやすいトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第2回は、チェック漏れです。チェックの仕方やリストを工夫することで、チェック漏れ・ヒューマンエラーを防ぐことができます(再生時間:1分09秒)。

曲げ加工の精度低下:プレス加工のトラブル対策動画2

曲げ加工の精度低下:プレス加工のトラブル対策動画2

大量生産の代表格、プレス加工。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第2回は、曲げ加工の精度低下を取り上げます。曲げ加工の精度低下の要因は、スプリングバックです。スプリングバックのメカニズムと対策を学び、曲げ加工の精度を高めましょう(再生時間:1分30秒)。

    ピックアップ記事

    tags