メニュー

東京モーターショー2015 注目展示レビュー

自動車業界の一大イベント、東京モーターショー。技術やサプライヤー関連で、目新しいものは少なかったのが実情です。そんな中、Tech Note編集部が注目する4社のレビューを報告します。

トヨタ

トヨタは、自動運転の考え方として「Mobility Teammate Concept」を掲げていました。人とクルマが同じ目的で、ある時は見守り、ある時は助け合う、気持ちが通った仲間として、クルマを運転する楽しさと自動運転の両立を目指しています。その実現には、センシングによる認識と予測、ビッグデータを活用した高精度な地図の自動生成や、HMI(Human Machine Interface)による人とクルマの協調といった技術が必要になります。

トヨタの友山 茂樹専務役員(左)と、豊田 章男社長(右)

トヨタの友山 茂樹専務役員(左)と、豊田 章男社長(右)

トヨタの新たなHMIイメージ

トヨタの新たなHMIイメージ

具体的な技術として、ITS Connectの紹介がありました。クルマだけでなく、道路に設置されたセンサーも利用することで、車車間・路車間で通信し、安全運転を支援します。

例えば路車間での通信により、右折時に対向車や歩行者の存在をブザーで知らせる注意喚起を行ったり、先行車両の加減速の情報を通信により取得することで、渋滞などでのスムースな追従を可能にするレーダークルーズコントロールなどがあります。このような技術を通して、すべての人が安全、スムース、自由に移動できる社会の実現を目指しています。

車や各地に取り付けたセンサーを応用する「ITS Connect」

車や各地に取り付けたセンサーを応用する「ITS Connect」

トヨタの自動運転デモの様子

トヨタの自動運転デモの様子

パイオニア

パイオニアは「自動運転の社会に対してなくてはならない会社を目指す」という目標を掲げ、自動運転、高度運転支援への取り組みを今後の柱としています。

今まで培ってきた光ディスクの技術と、ナビ技術を結集して、自動運転時代に必要な技術の開発を進めているとのこと。その一つが、走行空間センサーの「3D-LiDAR」です。リアルタイムで周辺情報を収集し、3D点群地図データを作成するとともに、これまでにカーナビ用に作成された高度化地図と組み合わせて、自車位置の特定を可能にします。

また、常に変化し続ける道路環境を更新し続けるために、LiDARを搭載したクルマからデータをクラウドに収集し自動更新する“データエコシステム”を提案しています。そのためにも、現在、数百万円する価格を1万円まで下げ、多くの一般車両に搭載してもらうことを目指しているとのことです。

三菱電機

三菱電機では「環境性と経済性」「安全と快適」「未来への取り組み」という視点から、今後のクルマ社会を捉え、「Feel the EMIRAI」をコンセプトとして、EMIRAI3の展示が行われました。

コンセプトカー「EMIRAI xDAS」では、複数の液晶パネルを貼り合わせたマルチボンディングディスプレイなどのHMI技術や、車載カメラや心拍数検出で、運転手の状態や要望を読み取るドライバーセンシング技術、ほかにもテレマティクス技術や、灯火制御技術など運転支援を集約しています。

三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI xDAS」の外観とダッシュボード

三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI xDAS」の外観とダッシュボード

コンセプトカー「EMIRAI xAUTO」では、自動運転の技術展示が行われました。リモコン式自動駐車や夜間対応自動ブレーキシステム、自動車線維持システム、V2X技術を活用した合流支援といった、予防安全の技術が紹介されました。

また、カメラやセンサー、GPSなどを搭載し、自動運転支援の地図作成に必要なデータ収集を行う、MMS(Mobile Mapping System)も紹介されました。準天頂衛星を利用した正確な自車位置測定との組み合わせで、自動運転を実現します。

三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI xAUTO」

三菱電機のコンセプトカー「EMIRAI xAUTO」

富士通テン

富士通と富士通テンは共同で、「ICTでクルマは人のベストパートナーに」をテーマに、自由で快適なモビリティ社会を実現するための、ICTソリューションを紹介しました。

センシングに関する展示では、人によって異なる目の虹彩を認識することで、自動でエンジンがかかったり、音楽を流したりするといった、クルマのパーソナライズ技術の紹介や、カメラの映像を合成し、クルマを真上から見た映像や、ドライバービューから車体を透過したような映像を表示する、マルチアングルビジョンの紹介が行われました。

情報分析に関する展示では、交通状況や天候などのリアルタイムな情報を、過去の蓄積された情報と組み合わせビッグデータとして活用し、危機回避やルート変更の案内など、“先読み・提案”の技術が紹介されました。

このような技術を結集し、ドライバーの視線から注意力を判断して警告したり、注意すべき方向から音声でお知らせするといった、クルマが気配りをしてくれる、先進的なHMIが紹介されました。

富士通の先進的HMI体験。左折時に現れる注意喚起表示

富士通の先進的HMI体験。左折時に現れる注意喚起表示

富士通の先進的HMI体験。駐車時の様子

富士通の先進的HMI体験。駐車時の様子
  • セミナー3月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0304_01
  • 特集バナー0304_02
  • 特集バナー0304_03
  • 特集バナー0304_04
  • 特集バナー0304_05
  • 基礎知識一覧