メニュー

なぜ、シリコンバレーで破壊的イノベーションが起きるのか?:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団1

日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団
講演者:スタンフォード大学 アジア太平洋研究所リサーチアソシエート 櫛田 健児

2017年7月16日~22日に、日本能率協会が「JMA生産革新アメリカ視察団」を開催しました。視察団中のプログラムの一つである櫛田健児氏の講演から、一部抜粋してお届けします。シリコンバレーでイノベーションが起きる背景やシリコンバレー独特の考え方など、日本の技術者の参考になるはずです。

1. 日本企業の意識の変化

私は20年近くシリコンバレーにいます。数々の日本企業がシリコンバレーに来る様子をずっと見てきました。日本企業にとってシリコンバレーは、昔は競争相手でした。最近は協働相手になろうという動きが見えます。シリコンバレー独特の考え方や、日本企業との違いを学ばなければ、パートナーとして上手に付き合っていくのは難しいでしょう。まずは、シリコンバレーの企業がどのような特徴を持っているか説明します。

2. シリコンバレーの特徴

シリコンバレーにはさまざまな特徴があります(表1)。今回は重要な2つ、良くないものはとう汰されることと、失敗を評価することについて説明しましょう。

表1:シリコンバレーの特徴

表1:シリコンバレーの特徴

1:良くないものはとう汰される

代表的なライドシェアリングサービスの会社といえばUberでしょう。実は、Uberは業界の先駆者ではありません。もともとは、サイドカーという会社が、先行してライドシェアリングサービスを提供していました。サイドカーの提供するサービスは煩雑で分かりづらく、Uberのサービスは非常にシンプルでした。やがてUberはサイドカーを抜いて首位となり、サイドカーは倒産します。しかしUberでは、ビジネスは好調なのに社内文化に問題があるとして、CEOが退任に追い込まれています。このようなことはシリコンバレーでは日常茶飯事で、好調な企業のトップでさえ、問題点があれば突然解雇されます。解雇された人々はリタイアするわけではありません。多くの人は、数百万ドルの退職金を手にして、生活を気にせずに本当にやりたかったビジネスができると喜び、新しい企業を立ち上げます。このような感覚で新たな事業が生まれ続けているのが、シリコンバレーです。

2:失敗も大事な経験と評価する

シリコンバレーには、非常に重要な文化があります。失敗も評価されることです。失敗には、良い失敗と悪い失敗の2種類があります。例えば、事業を展開したのにGoogleも同じことをしたため結果が出せなかった、というのは良い失敗です。良い失敗であれば、仕方なかったと許容され、次の機会がまたあります。ひどい虚偽で社会を欺いたり、親族トラブルなどで経営を悪化させたりするのは、悪い失敗です。次の機会はありません。

エンジェル投資家という言葉を知っていますか? 起業したばかりの企業に投資をする投資家のことです。私の知り合いのエンジェル投資家は、同じような企業があってどちらに投資しようか悩んでいる場合、失敗経験がある社長から先に話を聞くそうです。失敗をしている人は、修羅場を多く経験しているので強くなっていると考えるからです。もちろん、失敗は良い失敗に限ります。社長が悪い失敗をしていたら、投資はしません。失敗しても次のチャンスがあるからこそ、シリコンバレーの人々は挑戦し続け、新しい技術を生み出し続けているのです。

3. シリコンバレーの本質

シリコンバレーの本質とは何でしょうか? 大きく2つあります。破壊的イノベーションを提供していくことと、急成長が求められることです(図1)。

表1:シリコンバレーの本質

図1:シリコンバレーの本質

1:破壊的なイノベーションを提供していく

シリコンバレーの本質は、新しい技術やビジネスモデルを破壊的イノベーションとして提供していくことです。日本の大企業は、うまくいっていない事業を延命させてしまい、ゾンビ化させてしまう傾向があります。アメリカ、特にシリコンバレーでは、うまくいかなかった企業や事業はとう汰されます。その結果、新技術や新ビジネスモデルが誕生し、破壊的イノベーションとして社会に供給されるという好循環が生まれています。

2:急成長することを求められる

新規企業のスタートアップは、ベンチャーキャピタルによって支えられています。そのため、急成長しなければならない、スケール・アップしなくてはならないという使命が、新規企業にはあります。グーグルは急成長した企業の代表格でしょう(図1)。ベンチャーキャピタルにとっては、投資先の企業がM&Aをされるか知的財産権を取得しないと、投資に対するリターンが見込めません。そのためスタートアップに急成長を求め、見込みがなければすぐに投資をやめてしまいます。非常に大きなプレッシャーをかけてくるのです。このプレッシャーが、新規企業の著しい成長につながっています。

4. シリコンバレーのオープンイノベーションと日本の影響

シリコンバレーでオープンイノベーションが活発になった背景には、日本企業の影響が少なくありません。アメリカは1970年代のオイルショック後、大不況に陥りました。そしてほぼ同時に、日本の製造業がアメリカへ進出しました。この逆境に適応できなかったアメリカ企業、しかも超優良企業とされていた企業は、日本との競争に敗れてつぶれていきました。

その時に生まれたのが、オープンイノベーションです。社内だけでは良いものが作れないと判断したアメリカ企業は、オープンイノベーションをスタートさせました。例えば、ターゲット顧客にハイエンドの商品を届けるのであれば、デザインはシリコンバレーで行って生産は中国で行うといったビジネスモデルや、モノづくりでは日本に負けるため、ソフトウェアで付加価値を与えるといった流れが生まれました。プラットフォームビジネスもこの頃から試みられてきました。その結果、アメリカ企業は復活し、シリコンバレーは世界を代表する企業が集まる地となったのです。

日本は、企業が負け組になることを嫌い、社会的に負け組が出にくい仕組みになっています。社会的敗者があまり出ないメリットと、飛躍的な成長をしづらいというデメリットがあります。もし日本企業がシリコンバレー企業と協働をしていくなら、とう汰されるメカニズムと風土を知らなければ難しいでしょう。これが、シリコンバレーと上手に付き合っていくためのポイントです。

いかがでしたか? 今回は、シリコンバレーの特徴を取り上げ、新しい技術やビジネスモデルが生まれる背景について紹介しました。次回は、シリコンバレーから見たAI(Artificial Intelligence)の未来を解説します。お楽しみに!

  • セミナー8月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0819_01
  • 特集バナー0819_02
  • 特集バナー0819_03
  • 特集バナー0805_01
  • 特集バナー0805_02
  • 特集バナー0805_03
  • 特集バナー0805_04
  • 基礎知識一覧