メニュー

名工が準備した若手教育ツールとは?:NECスペーステクノロジー・斎藤克摩氏【現代の名工インタビュー1後編】

現代の名工は、厚生労働省が「極めて優れた技能を有し、他の技能者の模範と認められた技術者」を表彰する制度です。NECスペーステクノロジー株式会社の斎藤克摩氏は、人工衛星部品の製造におけるはんだ付けの技術で、2014年に現代の名工に表彰されました。斎藤氏が技術を学ぶために取り組んでいることや、若手技術者へのアドバイスを伺いました。

斎藤克摩氏【現代の名工インタビュー1後編】

受賞理由:人工衛星、ロケットの宇宙搭載機器製造における「はんだ付け」は、理想的な形状や鏡面仕上げのように芸術的な光沢が要求される。これを満たすため、個々の部位を見極め加熱温度・時間、量などのあらゆる条件を一瞬のタイミングでコントロールできる「技」に卓越している。また、後進の指導育成とともに、幅広い専門知識と柔軟な発想で総合的なモノづくりの高度化、効率化に努めている。

1. 製造が設計的な視点を持つ

――前回、若手の技術者には基本に忠実に作業してほしいというお話がありました。その他に、モノづくりで大切にしてほしいことはありますか?

斎藤 克摩氏(以下、斎藤氏):モノづくりは一人ではなく、チームで行うので、前行程と後工程をしっかりと理解しておくことが大切ですね。工程を理解して、場合によっては前工程にフィードバックを行うことも重要です。人工衛星は常に開発・改良を行っているので、全て同じものを繰り返し製造することはあまりありません。設計図に沿うことを基本としながらも、製造が開発の視点を持って常に新しいものを生産する意識が大事です。

社内には人工衛星のポスターが掲示されている

社内には人工衛星のポスターが掲示されている

モノづくりをしながらも、ここはこうした方がリードタイム短縮になるのではないか、この部品をこっちに持ってくると作業がやりやすくなるのではないかと考えます。そのアイデアをチームで情報共有し、前工程にフィードバックして次回の設計に生かしてもらい、どんどん良いものにしていきます。関係者とのコミュニケーションが重要です。

2. 若手技術者育成のために

――広い視野を持ってモノづくりに取り組むことで、より良いものが作れますね。若手に技術を伝えるために、どのような教育をしていますか?

斎藤氏:先輩や上司からの指導に加えて、動画を活用しています。「匠の部屋」という社内サイトを作って、私や各工程における高スキル技能者の作業が説明付きで見られるようにしています。今は、以前と比べて生産のスピードが違います。昔のように背中を見て、技術を覚えるという時間がありません。人間も変わっていますし、環境も変わっているので、それに順応する必要があります。そのため、マニュアルにイラストを入れたり、「匠の部屋」のような動画を整備したりして、業務の基本が素早く学べる環境を整えました。そこから先のレベルは、本人のやる気次第でしょう。自分から殻を破っていってほしいですね。

若手技術者に指導をする斎藤氏

若手技術者に指導をする斎藤氏

3. 外部の技術者から学ぶ

――基本を学ぶためのプラットフォームを整えたので、それ以上は自身でやる気を持って学んでほしいということですね。具体的に技術を高めるコツは、何かあるのでしょうか?

斎藤氏:外の世界を見て、いろいろなモノづくりを経験して、他人と自分を比べてみることではないでしょうか。例えば、技能検定などで外の世界に行くと、さまざまな会社から技術者が来ているので、同じものを作っても、作業手順や工具の使い方などが違います。その違いを知ることは、とても役に立ちます。

私はよくはんだ付けの検定会場で、他の人の製作物を見ています。昼休みの時間に会場に残って、他の人が作ったものを見ると、ここの部分は私のやり方と違うとすぐに分かります。自分と他人を比較することは、とても勉強になります。

――これからの斎藤さんの目標を教えてください。

斎藤氏:人工衛星のコストダウン要求や、製品の小型軽量化に伴う実装の高密度化がさらに進んでおり、微細部品も増えています。人間の手によるモノづくりが難しくなっていて、遅れないようスピード感を持って対応するため、はんだ付けを含めたあらゆる技能について、今後具体的にどうすれば良いのかを考え、伝えていきたいです。私と同じ技術を持つ人は、社内にたくさんいます。現代の名工という大変ありがたい賞を私は運良くもらえただけで、まだまだ未熟です。これからも日々スキルアップしていきたいですね。

──最後に、Tech Noteの読者、特に若手技術者に向けて、一言お願いします。

斎藤氏:今の若い人たちは優秀です。何でもソツなく対応できますよね。私の部署にも毎年、新入社員が入ってきて、きちんと仕事をこなします。インターネットなどで、モノづくりの情報やプロの技術を簡単に見られる環境だからかもしれません。昔に比べて、さまざまなことをすぐに学べるようになりました。

若いうちは、自分の得意なところを伸ばすことが大切です。何でもできるといっても、強みと弱みはあるので、なるべく早く自分の強みを発見すると良いでしょう。不得意なところを克服するのではなく、得意なところを伸ばして、自分はこれが得意だとアピールして、さらに伸ばすのです。私の場合ははんだ付けが得意だったので、そこを上司にアピールして、技術をさらに磨きました。また、積極的に外の世界にチャレンジしてきました。得意なものを見つけて、そこに集中したことが伸びるきっかけになったと感じています。

──若手技術者が成長するためには、自分の長所を伸ばすこと、自分の殻を破って挑戦し続けることが大切なのですね。貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

若い技術者こそ挑戦してほしいと語る斎藤氏

若い技術者こそ挑戦してほしいと語る斎藤氏
  • 販促_無料出展
  • セミナー12月
  • 寄稿募集
  • 基礎知識一覧

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1126_01
  • 特集バナー1126_02
  • 特集バナー1126_03
  • 特集バナー1126_04