メニュー

車載センサ世界市場2015

ポイント

  • 2014年の車載用センサの世界市場は、前年比26.8%増の2兆2,543億円
  • 2020年は、環境規制や燃費向上、ADASの普及拡大などがプラス要因となり3兆1,487億円に達すると予測
  • ADAS向けセンサの伸びが最も大きく、2020年の市場規模は9,094億円、2014~2020年までの年平均成長率は20.5%に達すると予測

調査会社の矢野経済研究所は、2015年9月1日に車載センサ世界市場の調査結果を発表しました。

2014年実績と2015年の市場見通し

2014年における車載用センサの世界市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比26.8%増となる2兆2,543億円に拡大しました。

2015年についても引き続き堅調に市場は推移し、同市場規模は前年比5.9%増となる2兆3,871億円に増加すると予測されています。特に大きな成長が見込めるのがADAS(Advanced Driving Assistant System:先進運転支援システム)向けセンサで、2015年は前年比36.6%増の4,062億円に拡大すると予測されています。

2016年にEuro NCAP(European New Car Assessment Programme:欧州の安全性能評価基準)において歩行者保護が評価項目に加わるために、歩行者を検知出来るADAS用カメラ(センサ)の採用がドイツ自動車メーカーを中心に進んでいます。

さらに、国内でもトヨタ自動車がToyota Safety Sense、本田技研工業がHONDA SENSINGなどの搭載を2015年から積極的に展開するなど、ADASの普及拡大に拍車がかかっています。

今後の展望

車載用センサの世界市場は2014年から2020年までの年平均成長率(CAGR)が5.7%で成長し、2020年には3兆1,487億円に達すると予測されています。

主な拡大要因は、環境規制、 燃費向上に向けたパワートレイン向けセンサの需要拡大、日本、米国、欧州および中国市場におけるADASの普及拡大と考えられています。

パワートレイン向けセンサは、燃費向上のために欧州自動車メーカーだけでなく、国内自動車メーカーでもダウンサイジングエンジンの搭載が活発化し、直噴エンジン、ディーゼルエンジンで搭載される燃料圧センサ、ターボチャージャー用過給圧、排気圧センサの需要拡大が見込まれています。

また、燃費向上のためにトランスミッションの多段化と小型・軽量、高機能化が進展しており、トランスミッションで使われている圧力センサ、ギヤの回転角センサの搭載個数が増加する傾向にあります。

最も成長するADAS向けセンサについては、2014年の2,973億円から、2020年は9,094億円に拡大し、車載用センサ市場全体に占める割合も、13.2%から28.9%に上昇すると予測されています。

すでに、2014年の世界新車販売に占めるADAS装着率は10.6%(矢野経済研究所推計値)になっており、今後は検知精度向上、システムの多機能化の面から、複数個のセンサを搭載するセンサフュージョンが中心になり、車両1台あたりに搭載されるADAS向けセンサの数量が増加します。

歩行者検知が可能なフロントカメラ(センサ)は必須となり、距離を計測してオートクルーズコントロール(アクセルペダルを踏み続けることなくセットした一定速度を維持する機能)などを実現するミリ波レーダも搭載されます。フロントだけでなく、駐車支援や接近車両警告のためにサイドやリア検知に使われる超音波センサ、カメラ(センサ)、レーダなどの需要も見込まれています。

車載用センサの図_R

注1. メーカー出荷台数ベース
注2. 2014年は実績値、2015年と2020年は予測値
注3. センサデバイスの種類は磁気センサ、半導体によるMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)センサなどがあり、乗用車および車両重量3.5t以下の商用車に搭載されるデバイスを対象とする

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧