メニュー

パワーアシストスーツ市場2015

ポイント

  • 2015年度のパワーアシストスーツ市場規模は、25億7,100万円の見込み
  • 既存製品は、法人向け製品が主。個人需要の開拓に課題
  • 2018年度の市場規模は、58億円を予測。製品数は拡大傾向であり、
    潜在需要も大きく、また低価格化や用途の拡大も進み、普及が期待される

調査会社の矢野経済研究所は、2015年10月7日にパワーアシストスーツ市場の調査結果を発表しました。

市場概況

パワーアシストスーツとは、動力源の有無や種類にかかわらず、装着することで人の動作や姿勢に対して何らかのアシスト(支援・補助など)を行うものを指します。

パワーアシストスーツは、2014年度に入って、参入企業や製品が増加し、市場創出に向けて本格的なスタートを切ったといえます。2015年度の国内におけるパワーアシストスーツ市場規模は、メーカー出荷金額ベースで、前年度比396.8%の25億7,100万円の見込みです。

パワーアシストスーツの参入事例の大半は、主に歩行支援と身体の負担軽減を目的として自社生産する国内企業が占めています。なかでも歩行支援目的では、中小企業から大企業まで参入が見られ、その事業背景もさまざまです。大学での研究も盛んで、大学と連携して参入した事例も多くなっています。

注目すべき動向

パワーアシストスーツは、主に歩行支援と身体の負担軽減目的の製品が市場投入されています。同じ目的でもその機能や効果、素材、形状、構造が異なり、動力源やセンシング方法もそれぞれ参入企業各社独自のものを採用しています。

これから市場投入されるものもあり、ようやく製品間の性能や使いやすさ、価格などの比較、評価のできる環境が整いつつあります。

一方で、既存製品は法人需要をターゲットにしたものが多く、個人向けの製品はまだ少ない状況です。利用条件や価格の高さが難点になっているものもあり、個人需要の開拓はこれからの課題となっています。

将来予測

 歩行支援目的では、高齢者をはじめとする、歩行に困難をきたしている生活者向けに潜在需要があります。個人向けの製品の増加や、高齢化の進展により移動補助手段としての需要も高まることが期待されます。

また身体の負担軽減目的では、運輸業や建設業、介護施設の職員、農林業従事者などが潜在需要層として想定されます。従業員の重労働による腰痛予防や作業効率向上や、熟練高齢者の就業期間を延ばす手段として、法人からの需要が期待できるものとみられています。

 歩行支援、負担軽減目的のいずれにおいても、今後の低価格化に意欲的なメーカーが増えています。低価格化の進展、新規メーカーの参入、新製品の増加により、話題性も認知度も高まるため、パワーアシストスーツの普及が期待できます。

 こうしたことから、2016年度の国内における市場規模は、39億8,000万円で、2018年度には58億円に拡大すると予測されています。パワーアシストスーツは、まだ市場の歴史が浅い分、機能や効果、安全性、製品価格などの課題も多いのが現状です。しかし、法人・個人の潜在需要を鑑みると、さらなる市場拡大に期待が寄せられています。

パワーアシストスーツ市場

注1. メーカー出荷金額ベース
注2. 市場規模は歩行支援目的と負担軽減目的を対象とする
注3. (見込)は見込値、(予測)は予測値

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧