メニュー

CAD/CAM/CAEシステム世界市場2015

ポイント

  • 国内市場規模は、3,384億円の見込み。 引き続き円安と公共事業がけん引
  • 分野別では、機械系CAD/CAM/CAEと土木・建築系CADが増加

調査会社の矢野経済研究所は、2015年11月17日にCAD/CAM/CAEシステム市場の調査結果を発表しました。 CADは、Computer Aided Designの略語で、設計支援ソフトウェア、CAMは、Computer Aided Manufacturingの略語で、製造支援ソフトウェア、CAEは、Computer Aided Engineeringの略語で、設計の事前シミュレーションソフトウェアのことです。

市場概況と展望

日本国内の市場規模(事業者売上高ベース)は、2014年度は前年度比3.6%増となる3,231億円となりました。個人消費の伸びは低かったものの、円安が進んだことで、自動車をはじめとする輸出型企業を中心に高い企業収益となり、設備投資も進みました。設備投資が増加したことで、CAD/CAM/CAEシステム市場も恩恵を受けています。

しかし、伸び率は過去数年度と比較すると減少しています。これは機械系CAD/CAM/CAEと土木・建築系CADの市場が前年度を上回った一方で、EDA(Electronic Design Automation:半導体など電子系の設計作業を自動化し、支援するソフトウェア)市場が大きく減少したことによります。

2015年度においても、民間企業部門は高い収益状況を維持しています。中国経済の減速など懸念は残りながらも、市場規模は、3,384億円(前年度比4.7%増)となる見込みです。

 分野別にみると、機械系CAD/CAM/CAEは、2014年度が2,115億円(前年度比7.3%増)、2015年度は2,273億円(同7.5%増)となる見込みです。円安による高い企業収益を背景とした、順調な設備投資が、引き続き後押しをしています。

EDAは、2014年度が736億円(同6.4%減)、2015年度は714億円(同3.1%減)となる見込みです。日本国内の電子工業生産は大きく落ち込んでおり、特に半導体業界は激しい国際競争にさらされるなど厳しい状況にあります。今後もEDA市場の減少傾向は続くと考えられています。

土木・建築系CADは、2014年度が380億円(同4.9%増)、2015年度は398億円(同4.7%増)となる見込みです。公共事業投資は相変わらず続いており、しばらくは土木・建築業界は好況とみられ、土木・建築系CAD市場も好調が続くと考えられています。

注目すべき動向

3DプリンタがCAEに取って代わる可能性

ものづくりでは、納期短縮のために試作回数を減らすことが、重要なテーマでした。今までは、3次元CADで設計し、CAEで解析することで、試作回数を減らしてきました。しかし、近年3Dプリンタの性能が高くなってきたことから、3Dプリンティングによる試作も行われています。長期的に考えると 、CAD/CAM/CAE システム市場へも今後、影響を及ぼす可能性があります。

ジェネリック家電メーカーの登場

現在、3次元CADは、大手家電メーカーに対しては、需要が一巡し伸び悩んでいます。そこで新たな需要先として、ジェネリック家電メーカーが浮上しています。ジェネリック家電とは、扇風機や掃除機など身近な家電製品について、機能を限定した、安価で質の高い家電製品のことです。国内のCAD/CAM/CAEシステム市場は成熟し、ある程度需要先も固定化していますが、今後もこうした新たな需要先が生まれてくる可能性があります。

CAD、CAM、CAEシステム市場_R

注 1.事業者売上高ベース
注2.2015年度は見込値

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧