メニュー

高機能包装材料市場2015

ポイント

  • 2015年は、前年比102.1%の124,390tの見込み
  • イージーピールフィルムは、前年比105.8%の8,250tの見込み
  • 注目の動きは、合弁会社設立や生産子会社統合

調査会社の矢野経済研究所は、2015年12月10日に高機能包装材料市場の調査結果を発表しました。高機能包装材料とは、バリア性やイージーオープン性の機能を持ち、食品やトイレタリー製品などの包装に使用される材料を指します。

包装用ハイバリア性材料市場概況

包装用ハイバリア性材料市場は、アルミ箔、PVDCコート(K-コート)フィルム、EVOH系フィルム、PVA2軸延伸フィルム、PVAコートフィルム、アルミ蒸着フィルム、透明蒸着フィルム、共押出多層Nyフィルムの計8品目が対象です。

国内市場規模(メーカー出荷数量ベース)は、2013年119,460t、2014年121,830t(前年比102.0%)で、2015年は124,390t(前年比102.1%)の見込みです。食品ロスの削減に向けて、食品の保存期間を長期化するニーズが高まっており、食品メーカーや流通業界において、需要が増加しています。

2015年も食品分野を中心に、引き続き需要が根強く、EVOH系フィルムを除いた7品目の包材で、前年の出荷量を越えると見込まれています。

高機能包装材料市場図1_R

注1:メーカー出荷数量ベース
注2:2015年は見込値
注3:四捨五入のため、表データ内の比率合計が一部異なる
注4:PVAコートフィルムには、有機無機ハイブリットグレードの一部を含み、共押出多層Nyフィルムは、バリアグレードのみ対象

イージーピールフィルム市場概況

イージーピールフィルムは、主にデザート類や豆腐などのふた材として使用される高機能包装材料です。

市場規模は、2013年7,350t、2014年7,800t(前年比106.1%)で、2015年は8,250t(前年比105.8%)の見込みです。2013年以降、コンビニエンスストア(CVS)で提供されるアイスコーヒーの容器向けで採用され、出荷量が増えています。今後も、高齢化の進行により、イージーオープン性に対するニーズが一層高まり、市場が拡大すると予測されています。

CVSのアイスコーヒーは、新規ユーザーの獲得につながっています。一般的に、ふた材の納入先の多くは、食品メーカーや乳業メーカーです。しかし、CVSのアイスコーヒーの場合、カップに氷を入れた後に、ふた材で容器に封をするため、製氷メーカーが納入先となります。

注目すべき動向

海外需要の取り込み

訪日外国人観光客数の増加やTPPの交渉妥結により、世界の消費者を意識した商品開発の必要性が高まっています。インバウンド需要に伴い、和風デザインのパッケージを用いた食品や日用品が、土産品として好まれるケースも出てきています。

TPPのマイナスの影響として、海外からの食品流入による、国内の包材需要の減少が懸念されます。一方で、プラスの影響として、食品などの輸出量が増えることで、輸送中の商品の品質劣化や破損を防ぐ包材の需要が、増加すると予測されています。

企業再編や企業間連携

国内の高機能包装材料市場は、人口減少により、今後の市場拡大が見込みにくくなっています。そのため、包材メーカーは、生産能力の増強や生産拠点のバックアップ体制構築といった、多額の設備投資に踏み切りにくい状況にあります。そこで、包材メーカーの間で、他社との合弁会社設立や生産子会社の統合により、生産体制の合理化を図る動きがみられます。

このほか、ユーザーなど外部の企業と連携し、新たな商品開発に取り組む動きもあります。外部の企業と連携しながら商品開発やマーケティングを行うことで、市場で生まれる新たなニーズや包装形態に対して、より迅速な対応が可能になると考えられています。

高機能包装材料市場図2_R

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧