メニュー

住宅リフォーム市場2015(第3・4四半期):市場レポート

ポイント

  • 2015年第3四半期は、前年同期比19.3%増、第4四半期は、前年同期比11.0%増
  • 2015年は、前年比2.5%減の6.5兆円
  • 2016年は、6.7~7.2兆円と予測

調査会社の矢野経済研究所は、2016年2月25日に住宅リフォーム市場の調査結果を発表しました。住宅リフォーム市場とは、「10m2超の増改築工事」「10m2以下の増改築工事」「設備修繕・維持」「家具・インテリア」の4分野を指します。

市場概況

2015年第3四半期(7~9月)の市場規模は、1兆6,406億円、前年同期比 19.3%増と推計されています。また、第4四半期(10~12月)は、1兆9,468億円、前年同期比11.0%増と推計されています。

2015年7月以降、単月ベースでも、5ヵ月連続で前年同月比増となっています。また、四半期ベースでも、2期連続で前年同期比増となっており、消費増税に伴う反動減から、ようやく回復した模様です。

しかし、2015年全体(1~12月計)の市場規模は、6兆4,757億円、前年比2.5%減と推計されています。分野別に見ると、「増改築工事」は、前年比11.5%減と大きく落ち込んでいます。「設備修繕・維持」は、同比1.1%減となり、2期連続維持していた5兆円台をわずかに割り込みました。「家具・インテリア」も 同比1.4%減となりました。

今後の市場動向

2016年は、2017年4月の消費税の再増税を控え、2013年同様、駆け込み需要が予想されます。2013年時には、増税前の駆け込み需要は、さほど大きくないといった見方もありました。しかし、実際には、例年にない需要の集中が見られました。

駆け込み需要が予想される一方で、新築住宅や東京オリンピックに向けた工事・建設需要に伴い、住宅リフォーム向けの職人不足が考えられます。こうしたことから、2016年の市場規模は、6.7~7.2兆円と予測されています。

住宅リフォーム市場_R

注1:国土交通省「建築着工統計」、総務省「家計調査年報」、総務省「住民基本台帳」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」を基に矢野経済研究所推計
注2:2015年速報値、2016年予測値(いずれも2016年2月現在)

出典:矢野経済研究所 ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧