メニュー

放熱部材世界市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年6月3日に放熱部材世界市場の調査結果を発表しました。 

ポイント

  • 熱伝導性フィラーの世界市場規模、2015年は8,377t、2020年は10,882tと予測
  • 放熱シートの世界市場規模、2015年は3,726千m2と推計、2020年は4,356千m2と予測
  • フェーズチェンジシートの市場規模、2015年510千m2と推計、2020年は横ばいと予測
  • 放熱回路基板の世界市場規模、2015年は1,894千m2、2020年は2,571千m2と予測

放熱部材とは?

電子機器では小型化・高密度化、高性能化の進展により、電子部品から発生する熱の処理が重要な課題になっています。機器内部で発生した熱は、伝熱・対流・放射・換気により、さまざまな経路で最終的には全て外気に放出されます。本調査における放熱部材とは、筐体(本体のメイン部品を収納している外箱)への熱伝導を担うサーマルインターフェースマテリアルTIMThermal Interface Material)および放熱回路基板、またTIMに放熱性を付与している熱伝導性フィラーが対象とされています。

市場概況

放熱部材は、スマートフォンやタブレット、ノートPCなどのモバイル機器、エアコンや冷蔵庫などのインバータ制御部品、新エネルギー分野のパワーコンディショナー、鉄道車両などの駆動モータ制御部品、携帯電話の無線基地局などの幅広い用途(アプリケーション)で使用されています。

中でも、現在、放熱部材関連メーカー各社が特に期待を寄せているのが自動車です。自動車では放熱部材を必要とする用途が増加傾向にあり、メーカー各社は自動車での需要獲得に向け開発を進めています。以下、各市場の動向や今後の予測をまとめました。

熱伝導性フィラー

熱伝導性フィラーは放熱シートやフェーズチェンジシート(放熱シートとグリースの中間品として開発された材料)、グリース、放熱ゲル、接着剤などのTIMで使用されています。

2015の世界市場規模(メーカー販売数量ベース)は8,377tでした。各用途での放熱ニーズの増加に伴い、熱伝導性フィラーの市場も右肩上がりの成長となっています。

セラミック系の熱伝導性フィラーとしては、主にアルミナ(微粒アルミナ、球状アルミナ)が使用されており、全体の90%以上を占めています。その他窒化ホウ素、一部で窒化アルミニウムが利用されています。

熱伝導性フィラーは、今後も各アプリケーション市場の成長及び各アプリケーションにおける TIM 需要にけん引されて、需要は増加傾向にあり、2020の同市場規模は10,882tと予測されます。

熱伝導性フィラー世界市場規模(2015 年及び2020 年予測)

注1:メーカー販売数量ベース
注2:2020年は予測値

TIM(サーマルインターフェースマテリアル)

2015年の放熱シート世界市場規模(メーカー販売数量ベース)は3,726千m2フェーズチェンジシート世界市場規模(同ベース)は510千m2でした。

放熱シートの主な需要先は、民生機器が30%、自動車向けが35%、産業機器は35%と推計されます。各分野での放熱ニーズの増加から使用される箇所が増えています。2020年の放熱シート世界市場は4,356 千m2に増加すると予測されます。

自動車向けではECUなどの電装化進展に伴う放熱シート需要および、ハイブリッド車(以下、HEV)やプラグインハイブリッド車(以下、PHEV)の台数増加によるインバータ/コンバータのパワーモジュール向けやLIB向けでの放熱シート需要が増加傾向にあります。

放熱シートとグリースの中間品として開発されたフェーズチェンジシートは、常温では取扱いが容易なシート状です。使用温度下でグリースの様な流動性を持った液相に変化する相変化材料です。双方の利点を併せ持った製品ですが、その中間的位置付けがゆえに、使用用途がそれほど広がっていないため、市場は横ばいになると予測されます。

放熱シート及びフェーズチェンジシート世界市場規模(2015 年及び2020 年予測)

注3:メーカー販売数量ベース
注4:2020 年は予測値

放熱回路基板

2015の放熱回路基板(アルミ基板、アルミナ基板、窒化アルミニウム基板、窒化ケイ素基板)の世界市場規模(メーカー販売数量ベース)は1,894千m2でした。

このうち、アルミ回路基板の構成比率が最も高く86.5%を占めています。そのうち70%がLEDテレビ向けで利用されています。そのほかアルミ回路基板はLED照明向けや車載電装品向け、パワーモジュール向けなどで使用されています。アルミナ回路基板、窒化アルミ回路基板や窒化ケイ素回路基板は、主にパワーモジュール向け基板として利用されています。

放熱回路基板は今後、民生機器、産業機器用途、自動車向けなどでの需要伸長により、2020の同世界市場規模は、2,571千m2と予測されます。

放熱回路基板世界市場規模推移(2015 年及び2020 年予測)

注5:メーカー販売数量ベース
注6:2020年は予測値
注7:四捨五入のため、合計値が一部異なる

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー1月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0107_01
  • 特集バナー0107_02
  • 特集バナー0107_03
  • 特集バナー0107_04
  • 基礎知識一覧