メニュー

プリンタ世界市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年7月4日にプリンタ世界市場の調査結果を発表しました。 

ポイント

  • 2015年度のプリンタ世界出荷台数は1億350万台
  • 2015年度のプリンタ世界出荷金額は6兆2,675億円
  • デジタル印刷機の世界出荷台数は、2019年度に9万4,000台と予測

プリンタとは?

本調査におけるプリンタ(出力機器)とは、オフィス向け(ページプリンタ、MFP(複合機・複写機)、インクジェットプリンタ)、業務用・産業向け(シリアル・インパクト・ドット・マトリクスプリンタ、ライン・インパクト・ドットプリンタ、ページプリンタ、デジタル印刷機、大判プリンタ)、コンシューマ向け(フォトプリンタ・インクジェットプリンタ)の各機器が対象とされています。

市場概況

2015年度のプリンタ(出力機器)世界出荷台数は、メーカー出荷ベースで1億350万台でした。2016年度の同出荷台数は前年度比102.4%の1億600万台と予測されます。

2015年度は、日本国内では大手コンビニエンスストアのMFPリプレイス(入れ換え)などの大口案件もありましたが、中国市場における成長の鈍化や欧州市場では景況感への不安などからプリンタの世界出荷台数は伸び悩みました

2016年度は2016年6月にデュッセルドルフでdrupa2016が開催され、この展示会の開催時期に合わせて多くの業務用プリンタの新機種が発表・発売されるなど、市場が活気付いています。業務用プリンタにおいては、デジタル印刷機を中心にユーザー企業のニーズが拡大しており、2016 年度以降のプリンタ世界市場をけん引していく見通しです。

その他に、オフィス向けプリンタ市場では大容量インクタンク搭載のインクジェットプリンタや、カラーMFPの出荷台数が増加すると予測されています。また、業種や業務に特化した、さまざまなプリンタが市場に出ているや、ユーザー企業側にデジタル印刷機等で上位機種への入れ替え需要が見られることなどから、2016年度の出荷金額は拡大する見通しです。これらの状況を踏まえ、2016年度のプリンタ世界出荷台数は前年度比102.4%の1億600万台、同出荷金額は前年度比100.5%の6兆3,000億円(いずれもメーカー出荷ベース)と予測されます。

11

注1:出荷台数、出荷金額ともにメーカー出荷ベース
注2:2016 年度以降は予測値

注目すべき動向

2016年度以降のプリンタ(出力機器)世界市場をけん引していくと考えられるのが、デジタル印刷機です。2015年度のデジタル印刷機世界出荷台数は、メーカー出荷ベースで7万1,165台でした。2016年度の同出荷台数は、前年度比107.3%の7万6,352台と予測されます。

2015年度は世界的な景況の影響などを受け、出荷金額は前年度比107.0%にとどまりました。しかし需要の裾野拡大によるエントリー(Light-Pro)モデルの導入台数の拡大と、提案型営業強化による高位なモデルへのリプレイス(入れ換え)需要などが期待できることから、2015年度から2019年度までの年平均成長率が7.2%で成長し、2019年度の同出荷台数は9万4,000台に達すると予測されています。

22

注3:出荷台数、出荷金額ともにメーカー出荷ベース
注4:2016 年度以降は予測値
注5:デジタル印刷機世界市場は、プリンタ(出力機器)世界市場の内数

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧