メニュー

ドローン世界市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年8月3日にドローン世界市場について、調査結果を発表しました。ドローンとは、無人航空機の俗称でUAV(Unmanned Aerial Vehicle)、UAS(Unmanned Aerial System)、RPAS(Remotely Piloted Aircraft Systems)とも呼ばれます。

ポイント

  • 2015年のドローン世界市場規模は、1兆2,410億円と予測
  • 2015~2020年までの年平均成長率(CAGR)は12.9%を予測
  • 点検・検査分野が民間応用分野の成長の中心へ

市場概況

ドローンは、姿勢制御技術の発展や操縦技術への依存度が軽減されたことによって、さまざまな産業分野における商用利用が見込まれています。今回は全体市場を、UAS(ドローン本体と地上コントロールシステム)とその付属サービスと、定義します。なお、ラジコンは除外しています。

世界の軍事用と民間用を合わせた世界市場規模は、2015年で1兆2,410億円でした。2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は12.9%で、2020年には2兆2,814億円と予測されます。現在は、市場全体では軍事用が過半を超えています。2020年までには軍事用と民間用は、ほぼ半々になるものと予測されます。

分野別市場動向

軍事用ドローン市場

現在のドローンの最大マーケットは軍事用です。軍事用の市場規模は、2015年の8,068億円から2020年には約1.2兆円に拡大すると予測されます。軍事用市場は、偵察などにおける無人化のトレンドから、従来の有人偵察機を置き換えることで拡大します。民間用に比べると、緩やかな成長となる見込みです。

大型のドローンはアメリカが、小型のドローンはイスラエルがマーケットを主導しています。軍事用ドローンは、堅牢性を生かして産業用への転用も進められています。産業用としてはオーバースペックである場合も多いです。

民間用ドローン市場

2015年の民間用の市場規模は4,053億円で、2020年には約9,000億円規模まで拡大すると予測されます。民間用ドローンの主要マーケットである先進国では、ドローンの商用利用には許認可を取得する必要で、これが趣味用ドローンにも影響を与えています。

しかし、ドローンを対象とする規制は発展途上にあり、アメリカは2016年6月に新たに規制緩和を行ったばかりです。民間用ドローン市場の拡大を牽引する産業用ドローンは、機体やシステム以上にそれらを活用して提供される民間用ドローンサービス市場が拡大すると予測されます。

民間ドローンサービス市場

2015年の民間ドローンサービスの世界市場規模は290億円で、2015年から2020年までの年平均成長率は50.4%で推移し、2020年には2,233億円に達すると予測されます。中でも成長率の高いのは、点検・検査分野、測量分野になると思われます。

点検・検査分野は、現行のカメラ搭載機体での画像撮影による点検・検査だけでもその応用分野は幅広いです。今後、ドローンの自律性の進展や、航続距離や搭載する積載重量の進化、用途に応じた分析・適用手法の確立などによって、応用範囲は更に広がる可能性が高いものと考えられます。

ドローン世界市場規模予測

注1:事業者売上高ベース
注2:世界市場規模はUSドルで算出し、1USドル=120円(2015年の米ドル対円レートの平均値)で日本円に換算
注3:2016年以降は予測値

民間ドローンサービス分野別世界市場規模予測

注4:事業者売上高ベース
注5:世界市場規模はUSドルで算出し、1USドル=120円(2015年の米ドル対円レートの平均値)で日本円に換算
注6:2016年以降は予測値

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧