メニュー

流通菓子市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年8月17日に流通菓子市場について、調査結果を発表しました。

ポイント

  • 2015年度の流通菓子市場規模は、前年度比102.0%の1兆9,841億円の見込み
  • 縮小はチューインガムと輸入菓子のみの見込み
  • 大人消費の取り込みが、流通菓子市場の成長のカギに

市場概況と予測

2015年度の国内流通菓子市場規模は、メーカー出荷金額ベースで前年度比102.0%の1兆9,842億円の見込みで、2014年度に引き続いて市場は拡大する見通しです。2014年4月の消費税増税は大きく影響しなかったと考えられます。2014年度上半期には増税の影響が見られた菓子メーカーや卸も、大半が下半期には回復しました。

2014~2015年度にかけての市場拡大の主な要因としては、 さまざまなメーカーが価格改定に踏み切ったにもかかわらず、順調に浸透したこと、チョコレートやナッツ類の健康効果が注目されたこと、コンビニエンスストアやドラッグストアの店舗数の増加、ドラッグストアの食品取扱い構成比の上昇、訪日外国人客によるインバウンド需要の増加などが挙げられます。

流通菓子市場規模推移

注1:メーカー出荷金額ベース
注2:2015年度は見込値

注目すべき動向

流通菓子は、少子高齢化が進む中で、大人をターゲットにした商品開発に菓子メーカー各社が注力し、こうした大人消費がここ数年の流通菓子市場を下支えしています。 こうした大人消費の取り込みを図った商品としては、ロングセラー商品の素材や製法にこだわったプレミアム商品や、健康機能性を売りにした商品などがここ数年人気です。消費者心理として、モノがあふれる中で、少々割高でも味や品質が良いものを食べたいというニーズが顕在化していると考えられます。

製品カテゴリ別動向

製品カテゴリ別に流通菓子市場を見ると、構成比の大きいチョコレートとビスケットが高い伸長率を示すなど、2015 年度ではチューインガムと輸入菓子を除く全ての製品カテゴリにおいて、市場は拡大基調の見通しです。

チョコレートは、機能性チョコレートの好調や価格改定が浸透したことが影響しました。ビスケットは、高価格帯商品が増加しているほか、朝食スタイルの多様化が影響したと考えられます。

米菓も高価格帯商品が増加しているほか、家飲みの定着でおつまみ用の米菓が好調に推移しています。スナック菓子はポテト系がけん引役でした。キャンディ・キャラメルは、ソフトキャンディやグミキャンディの好調が寄与しました。

一方で、苦戦をしいられたチューインガムは、食事が原因の口臭を抑えるブレスケア効果の訴求において、錠菓に押されていることが影響しています。輸入菓子は、円安が続いたことで価格改定を余儀なくされた輸入業者が多く、国内製造品と比較して価格の優位性が薄れたことが影響したと考えられます。

2015年度(見込)製品カテゴリ別市場構成比

注3:メーカー出荷金額ベース
注4:2015年度は見込値
注5:その他菓子製品には錠菓(タブレット菓子)、玩具菓子などが含まれます

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧