メニュー

機械系CAE市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年6月20日に機械系CAE市場の調査結果を発表しました。

ポイント

  • 2015年の機械系CAE世界市場規模は、前年比6.9%増の31億3,400万USドル
  • 2015年の機械系CAE国内市場規模は、前年比4.7%増の672億円
  • 1D CAEなど新たな支援ツールのニーズが高まり、CAE市場にも変化の兆候

機械系CAE市場概況

世界市場

2015年の機械系CAE世界市場規模は、前年比6.9%増の31億3,400万USドルでした。2015年以降は資源価格の低迷や中国経済の成長率鈍化などが影響し、世界経済が減速しつつあります。製造業の設備投資額の影響を受けやすいCAE市場も、成長率は鈍化していく見込みです。ただし、市場は中期的に見ると安定的な成長を続け、2020年の世界市場規模は46億5,500万ドルになると予測されています。(図1)

日本市場

2015年の機械系CAE国内市場規模は、前年比4.7%増の672億3,200万円でした。世界経済の停滞感を受け、日本経済の動向も不透明感が出ています。しかし、製品開発期間の短縮など、CAEへの期待は根強く、機械系CAE市場は安定的な成長を続ける見通しです。今後も市場は成長し、2020年の機械系CAE国内市場規模は918億円になると予測されます。(図2)

注目すべき動向

IoT 時代を見据えたCAEの新たな動き

CAEの主流は、強度や流体での抵抗など、特性を計算する構造解析や熱流体解析などの機械系CAEでした。現在、モデルベース開発と呼ばれる手法が適用されています。モデルベース開発では、機械や電機、電子、油圧、熱、制御など、多分野にまたがる複雑なシステムのモデリングが適用され、熱や運動などの物理現象と制御信号を統合的に取り扱う場面が増えています。それらを支援するツールとして、新たに1D CAEが利用されるようになってきました。

今後、1D CAEと従来の機械系CAEの連携は大きなテーマになってくるものと考えられます。 また、将来的にIoTが普及し、さまざまな機械類の稼働データなどが集められるようになれば、そのデータをもとに解析を行い、保守や製品開発に活かすような取組みが進みます。

クラウドコンピューティングの活用は目前に

機械系CAEをクラウドコンピューティング環境で利用することは、現時点ではあまり普及しているとはいえません。ユーザー側にはセキュリティの懸念、ベンダ側には従来のライセンス販売を主体とするビジネスモデルとの相性の悪さなどが要因です。

しかし、クラウドベースの機械系CAEアプリケーション活用事例も増えつつあります。機械系CAEは、開発段階の一時期に集中して利用されることが多いため、使いたいときに使った分だけ料金を支払うことができるクラウドサービスとは、親和性が高いです。今後、ユーザー側での活用事例が増えるとともに、機械系CAEのクラウド環境における利用シーンは本格化すると見られます。

機械系CAE世界市場規模推移・予測

注1:事業者売上高ベース
注2:2016年以降は予測値

機械系CAE国内市場規模推移・予測

注3:事業者売上高ベース
注4:2016年以降は予測値
注5:国内市場は、機械系CAE世界市場規模の内数

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧