メニュー

CAD/CAM/CAEシステム市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2016年11月7日に、CAD/CAM/CAEシステム市場調査結果を発表しました。

ポイント

  • 2016年度の市場規模は、前年度比4.4%増の3,449億円の見込み

  • 機械系CAD/CAM/CAEと土木・建築系CADがけん引

市場概況と展望

世界経済の減速懸念、米国の利上げに対する慎重姿勢の高まり、英国のEU離脱決定などの外的要因から円高傾向が続いており、輸出型産業を中心に業績悪化が懸念されます。しかし、地震の復興需要を含む公共投資、経済財政政策の効果などが下支えとなり、国内の設備投資は一定規模を維持するものと考えられます。これらにより、2016年度のCAD/CAM/CAEシステム市場は、前年度比4.4%増の3,449億円と見込まれます。

分野別では、機械系CAD/CAM/CAEの市場規模は、2015年度は前年度比5.2%増の2,221億円となりました。2016年度は前年度比4.8%増の2,329億円となる見込みです。EDAの市場規模は、2015年度は前年度比4.8%減の701億円でした。原因は、国内の電子工業生産がピーク時の約半分という水準であり、大きく落ち込んでいるためです。EDAシステムメーカーは、自動車など半導体以外の業界への拡販をすすめており、2016年度は前年度比3.7%増の727億円と回復する見込みです。土木・建築系CADの市場規模は、2015年度は前年度比0.8%増の383億円でした。2016年度は、前年度比2.8%増の394億円となる見込みです。東日本大震災から続く復興需要は現在も高い水準で推移しており、堅調な市況となっています。

注目される動向

サブリクション方式

現在、機械系CAD/CAM/CAEの分野において、ビジネスモデルに大きな変化が起こりつつあります。サブスクリプション方式の採用です。これは、ユーザーはソフトウェアを一定期間のみ借り、利用した期間に応じて料金を支払う方式です。これまでのビジネスモデルは、大半がライセンス販売でした。現在は、外資系大手がサブスクリプション方式に切り替えつつあります。これに伴い、市場規模は一時的に減少すると考えられます。サブスクリプション方式の導入は、クラウドサービスとセットで取り入れられているケースがほとんどです。しかし、国内のユーザー企業は保守的な動きを示しているため、国内のユーザー企業が追従するかは不透明です。

3Dスキャナ

国内のCAD/CAM/CAE市場は成長を続けてきました。しかし、そのペースが近年になり低下しつつあります。これは日本の製造業が成熟化してきたことを示しています。今後、市場を拡大していくためには、適応される業務領域の拡大を目指す必要があります。適応領域拡大にあたり、現在の主力である3D CADで、大きなネックは3Dデータ入力の困難さです。3D CADで対象物の形状を入力するためには、これまで専門の教育を受けた人間が必要不可欠でした。しかし、安価な3Dスキャナが登場するとともに、2Dの写真データから3Dデータに変換する技術が進展しています。こうした入力技術の進展が、今後、適応領域を拡大し、近い将来、新たな市場を生み出す可能性があります。

cadcamcaeシステム市場規模推移_z

注1:システムメーカー出荷金額ベース
注2:2016年度は見込額

出典:矢野経済研究所ニュースリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧