メニュー

3Dプリンタ材料市場2016:市場レポート

調査会社の矢野経済研究所は、2017年1月31日に、3Dプリンタ材料市場に関する調査結果を発表しました。

ポイント

  • 2016年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は約1,070億円、前年比116.1%
  • 粉末床溶融結合法向け材料(樹脂+金属)が、348億5,000万円と全体の32.6%を占める見込み
  • 2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は、17.6%、2020年に2,000億円超を予測

3Dプリンタ材料とは?

3Dプリンタ材料とはABS(Acrylonitrile Butadiene Styrene)樹脂やPLA(Poly-Lactic Acid)樹脂などをはじめとする3Dプリンタに出力される材料です。材料押出法、粉末床溶融結合法、液槽光重合法、材料噴射法の4方式で使用される樹脂(熱可塑性エラストマー含む)および金属を指します。

市場概況

2016年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は、エンドユーザー購入金額ベースで、前年比116.1%の1,069億8,300万円と大きく伸長する見込みです。米国をはじめ欧州、中国などでコンシューマー分野(個人・家庭、クリエーター、教育機関など)、産業分野ともに3Dプリンタの導入が進んだことで、3Dプリンタ材料の世界市場は2桁の成長率を見込まれます。

材料押出装置の低価格化によって、ユーザーが教育機関や個人にまで広がり、フィラメント(ひも状の材料)の需要も急増しています。樹脂粉末は、粉末床溶融結合装置の低価格化により、ユーザーの裾野が広がる傾向にあります。従来の試作品での利用から、小ロットの最終製品でも利用され、用途は拡大傾向にあります。金属粉末は、航空宇宙や医療、宝飾品などの分野で最終製品向けの材料として使用されています。

図1:3Dプリンタ材料の世界市場の方法別構成比(2016年見込み)
注1:エンドユーザー購入金額ベース

3Dプリンタ材料の今後の動向

3Dプリンタ世界市場は、ユーザーの裾野拡大、試作領域における用途の広がり、試作品から最終製品への適用拡大といった要因から、今後も大きく伸長する見通しです。その結果として、3Dプリンタ材料の世界市場も高い成長率が続き、2015年から2020年までの年平均成長率(CAGR)は17.6%となり、2020年の3Dプリンタ材料の世界市場規模は2,070億5,300万円に達すると予測します。

 図2:3Dプリンタ材料の世界市場規模推移と予測
注2:エンドユーザー購入金額ベース
注3:2016 年は見込値、2017 年以降は予測値
注4:材料押出(Material Extrusion:ME)法、粉末床溶融結合(Powder Bed Fusion:PBF)法、液槽光重合(Vat Photopolymerization:VP)法、材料噴射(Material Jetting:MJ)法の 4 方式で使用される樹脂(熱可塑性エラストマー含 む)および金属を対象とする。
※参考資料:「3D プリンタ世界市場に関する調査を実施(2016 年)」(2016 年 12 月 5 日発表)

出典:矢野経済研究所プレスリリース

  • セミナー4月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0318_01
  • 特集バナー0318_02
  • 特集バナー0311_01
  • 特集バナー0311_02
  • 特集バナー0311_03
  • 基礎知識一覧