メニュー
タグ「プレス」の一覧

コラム

円筒絞りのしわ:プレス加工のトラブル対策動画4

円筒絞りのしわ:プレス加工のトラブル対策動画4

第4回は、円筒絞り時に生じる、しわの原因と対策を紹介します。1枚の板金を円筒形状に加工すると、フランジ部がしわになってしまいます。しわを防ぐには、ダイクッションやしわ押さえの役割を理解し、適切に利用する必要があります。実際の加工の様子を見ながら、ダイクッションやしわ押さえについて学びましょう(再生時間:1分10秒)。

コラム

プレス機の動的精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画5

プレス機の動的精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画5

第5回は、プレス機の動的精度の低下を紹介します。プレス加工は、ミクロン単位の高い精度が求められることもあります。しかし、加工中にプレス機が振動したり傾いたりすることで、精度は低下してしまいます。計測器を取り付けた特別なプレス加工機を用いて、加工中の振動や傾きの度合いを計測しました。精度低下の対策も紹介します(再生時間:1分26秒)。

コラム

せん断切り口による組立精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画3

せん断切り口による組立精度の低下:プレス加工のトラブル対策動画3

大量生産の代表格、プレス加工。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第3回は、せん断切り口による組立精度の低下を取り上げます。せん断切り口の状態は、クリアランス(パンチとダイの隙間)の大小で変化します。クリアランスとせん断切り口の関係性を学んでおくと、不具合発生時に、迅速に対応できます(再生時間:1分35秒)。

コラム

曲げ加工の精度低下:プレス加工のトラブル対策動画2

曲げ加工の精度低下:プレス加工のトラブル対策動画2

大量生産の代表格、プレス加工。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第2回は、曲げ加工の精度低下を取り上げます。曲げ加工の精度低下の要因は、スプリングバックです。スプリングバックのメカニズムと対策を学び、曲げ加工の精度を高めましょう(再生時間:1分30秒)。

コラム

バリによる傷発生:プレス加工のトラブル対策動画1

バリによる傷発生:プレス加工のトラブル対策動画1

大量生産の代表格、プレス加工。全5回にわたり、プレス加工のトラブルの原因と対策を、動画で分かりやすく解説します。第1回は、バリによる傷発生です。バリの発生するメカニズムと対策を学び、傷による不良発生を抑えましょう(再生時間:1分22秒)。

基礎知識

絞り加工とは?:プレス加工の基礎知識8

絞り加工とは?:プレス加工の基礎知識8

皆さんは、「絞る」という言葉から何をイメージするでしょうか? 洗濯をした衣類の水気を絞る、声を絞り出す、人数を絞る、的を絞るなど、さまざまなイメージや言葉が思い浮かぶでしょう。共通する概念は、小さくする、少なくする、狭くすることです。つまり「絞る」は、材料などに変化を与えて、大きさや量を小さくすることを意味します。今回は、絞り加工について詳しく解説します。

基礎知識

曲げ加工とは?:プレス加工の基礎知識7

曲げ加工とは?:プレス加工の基礎知識7

製造現場で、板金の曲げ加工を見たことがありますか。金属製の箱を作る工程では、サイコロの展開図のような金属の薄板を機械で曲げているだけの、非常に簡単な加工のように感じるかもしれません。ところが、実際は複雑な現象が生じています。今回は、曲げ加工について詳しく解説します。

12
  • セミナー11月
  • 寄稿募集
  • 基礎知識一覧

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1009_01
  • 特集バナー1009_02
  • 特集バナー1009_03
  • 特集バナー1009_04