メニュー
タグ「切削」の一覧

基礎知識

切削油剤の種類と選び方:切削加工の基礎知識6

切削油剤の種類と選び方:切削加工の基礎知識6

今回は切削油剤について取り上げます。自動車のエンジンはエンジンオイルが不足すると、走行時に焼き付きが生じます。切削加工も同様です。切削時には工具の刃先が高温・高圧になるので、焼き付きを防止し、切れ味を良好に保つために、切削油剤を供給します。また、切削油剤の給油方法にも種類があり、作業目的に沿って選ぶことが大切です。

基礎知識

切削工具の種類と選び方:切削加工の基礎知識5

切削工具の種類と選び方:切削加工の基礎知識5

今回は、代表的な切削工具について解説します。切削工具は、単刃工具と多刃工具に分類できます。包丁のように1つの切れ刃で工作物を削るのが単刃工具、日曜大工で使用する丸のこのように、複数の切れ刃で削るのが多刃工具です。切削工具には多くの種類があり、作業目的に応じて適切な工具を選択することが大切です。

基礎知識

切削工具材料の種類:切削加工の基礎知識4

切削工具材料の種類:切削加工の基礎知識4

今回は、切削工具の材料を取り上げます。切削工具は、切削時に刃先が工作物に食い込むため、硬いことが条件です。通常、工作物の3倍以上の硬さが要求されます。しかし硬い物質はもろく、切削時に刃こぼれが生じやすいため、硬さだけではなくじん性(タフネス)も求められます。

基礎知識

切りくずの変形と切削温度:切削加工の基礎知識2

切りくずの変形と切削温度:切削加工の基礎知識2

今回は、切削現象と理論の第1回です。切りくずの変形と切削温度について解説します。切削工具の切れ味が良いと切削抵抗が小さく、切削温度は低くなります。逆に切れ味が悪いと切削抵抗は大きくなり、切削温度も高くなります。そのため、切れ味の良しあしは、切りくずの変化(切削現象)となって表れます。切削加工を高い精度で行うには、切削時の切りくずの状態をよく観察することが大切です。

基礎知識

切削加工の種類:切削加工の基礎知識1

切削加工の種類:切削加工の基礎知識1

切削加工技術は、日本の製造業を支える重要な基盤加工技術の一つです。以前は、板金や機械部品の切削加工技術者は「鍛冶屋さん」と呼ばれ、自分たちで刃物を作っていました。しかし分業が進んだ今日、自分たちで刃物を造ることはなくなりました。技術者は切削加工の知識を習得した上で、作業目的に合った刃物(切削工具)を選択しなければなりません。また、それらを最適な条件下で使用することが大切です。

ピックアップ記事

tags