メニュー
タグ「技術経営(MOT)」の一覧

基礎知識

技術経営をモノにするヒント:技術経営(MOT)の基礎知識6

技術経営をモノにするヒント:技術経営(MOT)の基礎知識6

今回は、最終回です。技術経営をモノにする上で重要な3つのテーマを取り上げます。1つ目は、1980年代にアメリカの産業が低迷した原因を調べ上げた、MITの3年にわたるプロジェクトです。その成果は書籍として公開されており(日本語版は1990年3月発売)、技術経営を考える上で重要な示唆を与えてくれます。2つ目は、アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾスの戦略的思考法です。この思考法を身に付けることができれば、技術経営のマイスターとなれます。

基礎知識

いいDXとは何か:技術経営(MOT)の基礎知識5

いいDXとは何か:技術経営(MOT)の基礎知識5

今回は、いいDXとは何かについて解説します。同じ言葉を使いながら、その定義が曖昧なため、実は会話が成り立っていないのです。人によって、それぞれ考えるレイヤーが違っていたりするのはまだいい方で、定義すら決めずにビジネスモデルという言葉を振り回しているケースも散見します。

基礎知識

技術を生かすビジネスモデル:技術経営(MOT)の基礎知識4

技術を生かすビジネスモデル:技術経営(MOT)の基礎知識4

前回は、コンセプト創造の基本的な考え方とプロトタイピングについて説明しました。今回は、技術経営に必要なビジネスモデルの考え方を解説します。外食業界は、コロナ禍に何とか対応する段階から、この災厄をばねに新しいビジネスモデルを生み出す段階へと進化しました。

基礎知識

コンセプト創造―素人発想・玄人実行―:技術経営(MOT)の基礎知識3

コンセプト創造―素人発想・玄人実行―:技術経営(MOT)の基礎知識3

前回は、情報の品質を向上させることの大切さについて解説しました。品質の良い情報を収集することが、死の谷を克服する第一歩となります。入手した情報を元になすべきことは、良いコンセプトを創造することです。コンセプト創造の対象は製品、サービス、ビジネスモデルとさまざまである中、新規事業を検討する際に重要なのが、事業コンセプトの創造です。今回は、コンセプト創造の基本的な考え方と、コンセプトをかたちにしていくためのプロトタイピングを紹介します。

基礎知識

技術経営(MOT)とは何か:技術経営(MOT)の基礎知識1

技術経営(MOT)とは何か:技術経営(MOT)の基礎知識1

1980年代、アメリカ企業は日本企業の躍進で苦境に陥りながらも、見事に復活を果たしました。その背景には、技術経営の考え方があります。一方、かつての繁栄を取り戻したい日本企業にとって、いま必要な考え方と行動の原点こそが技術経営といえます。本連載では、6回にわたり技術経営(MOT:Management of Technology)について、具体的な事例を交えて分かりやすく解説していきます。第1回では、そもそも技術経営とは何か、なぜ技術経営が必要なのかについて述べていきます。

ピックアップ記事

tags