メニュー
タグ「最終回」の一覧

基礎知識

制御系設計を支援するツール:制御工学の基礎知識6

制御系設計を支援するツール:制御工学の基礎知識6

今回は、最終回です。制御系設計を支援するツールを紹介します。制御対象の特徴を解析したり、仕様を満足する制御系を設計したりする際には、制御系CADを利用します。本稿では、MATLABとPythonを利用した制御系設計例を紹介します。また、制御工学を詳しく勉強する際に役立つ書籍を紹介します。

基礎知識

新しい技術の活用:交通計画の基礎知識6

新しい技術の活用:交通計画の基礎知識6

今回は、最終回です。交通計画への新しい技術の活用について解説します。GPSなどの新しい技術を交通実態調査に活用することで、交通量や走行速度などの詳細なデータの取得が可能になりました。政府が推進している高度道路交通システムITSは、交通事故や渋滞、環境対策など、さまざまな課題の解決を可能としてきました。また、自動車の自動運転技術の開発には、人工知能AIが導入されています。

基礎知識

RPAの運用と今後の見通し:RPAの基礎知識5

RPAの運用と今後の見通し:RPAの基礎知識5

今回は、最終回です。導入後の社内体制について説明します。また、RPA導入後の社員の働き方と、RPAの今後を展望します。RPA導入を考えている企業だけでなく、既に導入されている企業の方にも参考になれば幸いです。

基礎知識

商業空間について考えよう:空間デザインの基礎知識6

商業空間について考えよう:空間デザインの基礎知識6

今回は、最終回です。商業空間デザインについて解説します。住み手が誰なのかが設計時点で分かっている住宅設計と違い、商業空間の場合は、その主役も、業種も、店構えも千差万別であり、標準的な正攻法がありません。しかし、本稿で紹介する要点を押さえておくことで、実ケースに応じた良好なプランを作成できるでしょう。

基礎知識

不静定問題を解くためには:建築構造力学の基礎知識7

不静定問題を解くためには:建築構造力学の基礎知識7

本連載では、これまで静定構造物の解法について説明してきました。しかし、世の中の建築構造物の多くは不静定構造物です。なぜなら、不静定構造物の方が安全性と経済性に優れているからです。しかしながら、不静定構造物を解くには長い道のりが必要でした。今回は、不静定問題の基本的な考え方を解説します。また、不静定構造物を実用的に解くための基礎になるたわみ角法と、大次元不静定構造物の解法に有用なマトリクス法を紹介します。

基礎知識

最新鋭機の連続墜落事故から何を学ぶのか :航空機の安全対策の基礎知識6

最新鋭機の連続墜落事故から何を学ぶのか :航空機の安全対策の基礎知識6

今回は最終回です。これまで、航空機の安全対策について、機械としての成熟度、人の判断や行動の課題、環境の影響、複雑化するシステム、および組織管理の視点から説明しました。しかし、これらの対策が進んだ現代においても、航空機の事故はゼロではありません。さらなる安全性を目指して、どのような取り組みが必要なのでしょうか? 今回は、国際的な安全制度のルール作りを解説します。

ピックアップ記事

tags