メニュー
タグ「最終回」の一覧

基礎知識

情報通信設備:電気設備の基礎知識6

情報通信設備:電気設備の基礎知識6

本連載の最終回となる今回は、情報通信設備の基礎知識を解説します。情報通信設備は、建物内外の情報伝達を行うための電気信号を扱う弱電設備です。電話、インターホン、テレビアンテナといった住宅に欠かせない設備の他、建物内の情報ネットワークを支えるLANも重要な情報通信設備です。ここでは、従来一般住宅で使われている電話などに加え、インテリジェントビル、スマートビルでの情報通信設備についても説明していきます。また最後に、情報通信設備の保護に重要な役割を果たす避雷設備も解説します。

基礎知識

社会を支えるさまざまな半導体の応用:半導体の基礎知識6

社会を支えるさまざまな半導体の応用:半導体の基礎知識6

近年では脱炭素社会に向けた再生可能エネルギーとして、太陽光を利用した発電(光電変換)や、廃熱を利用した発電(熱電変換)がますます重要になっています。あわせて、効率的な節電を実現するネガワットに向けたパワーエレクトロニクスも日々進化しています。最終回となる今回は、こうした社会インフラを支えるさまざまなデバイスへの、半導体の応用について紹介します。

基礎知識

バイオ技術への応用:プラズマ処理の基礎知識6

バイオ技術への応用:プラズマ処理の基礎知識6

前回は、プラズマの表面処理技術を解説しました。今回は、プラズマのバイオ技術応用について説明します。前回紹介した、大気圧で容易に扱える低温プラズマの出現がバイオ技術にパラダイムシフトをもたらし、次々と新しい知見が得られています。バイオ技術へのプラズマの応用は、まだ研究の歴史が浅く、また生物を対象にすることから現象も複雑で、機構が十分に解明されていない事象も数多くあります。それでも、現在最も注目されている分野であることから、連載の最後に当たり、いくつかの事例を紹介します。

基礎知識

伝熱現象の基本2:熱工学の基礎知識6

伝熱現象の基本2:熱工学の基礎知識6

今回は最終回です。前回に引き続き、伝熱現象の基本として、熱ふく射と、工業的に重要な熱移動現象である凝縮(凝結ともいう)、蒸気を作る際の沸騰について説明します。また、高温流体から低温流体へ熱を伝える装置(熱交換器)についても解説します。

基礎知識

トランスミッションの未来:トランスミッションの基礎知識6

トランスミッションの未来:トランスミッションの基礎知識6

今回は、最終回です。トランスミッションの未来はどうなるのだろうかという疑問を考察します。トランスミッションが現在抱えている課題や、今後どのような進歩を遂げていくべきなのかなど、なかなか難しいテーマです。

基礎知識

第3次AIブーム(オントロジーとナレッジグラフ):AIの基礎知識6

第3次AIブーム(オントロジーとナレッジグラフ):AIの基礎知識6

単語の意味を記号で表現するのではなく、分散表現、自己分散表現(Self-Attention)により表現された単語間の統計的関連性を利用することで、文脈処理、同音異義語処理などが可能となり、AIの長年の課題であった常識推論が実現され始めたのです。しかしながら、単語間の統計的関連性のみでは、意味をフォローしながら深い議論をすることが現状では不可能であり、知識の記号表現を利用する必要があります。最終回となる今回は、この観点からオントロジーとナレッジグラフを解説していきます。

基礎知識

撹拌操作におけるトラブルと解決法:撹拌の基礎知識6

撹拌操作におけるトラブルと解決法:撹拌の基礎知識6

今回は、最終回です。撹拌操作における代表的なトラブルと解決法を紹介します。撹拌操作では多くのトラブルが起こります。トラブルの解決は論理的でなければなりません。ひらめいたアイディアでトラブルが解決したとしても、今後のことを考え、何をどのように変えたらどんな変化が起こったか、またなぜトラブルが解決したのかなどを解析し、記録しておく必要があります。本稿では、高粘度流体、特に非ニュートン流体の場合に、槽内で均一な混合が得られないトラブルなどについて詳しく解説します。また、スケールアップして運転したものの、要求される製品が得られなかった場合の対策も紹介します。

基礎知識

未来の触媒:触媒の基礎知識8

未来の触媒:触媒の基礎知識8

今回は最終回です。未来の触媒について解説します。理想の触媒とは、ほしいものをほしいだけ一瞬にして作れる、選択性100%の触媒です。そうした触媒を、完全触媒と呼ぶことにします。従来の触媒では、活性化エネルギーが高く、起こりにくかった反応でも、完全触媒では、選択的かつ効率的に活性化することができます。例えば、メタンを酸素と反応させ、100%メタノールに変換を目指した触媒開発が進められています。メタンは、天然ガスやシェールガスの主成分なので、燃料としてだけではなく、プラスチックの原料にも利用できます。今回はさらに、無尽蔵な太陽光で水を分解する触媒、廃棄するしかない廃材から有用物質を作るバイオ触媒、そして時計仕掛けで動く触媒機材を紹介します。

基礎知識

VRの使われどころ(業務編):VRの基礎知識6

VRの使われどころ(業務編):VRの基礎知識6

VRは、PlayStation VRやFacebookの戦略などから、ゲーム用途がメインと思われがちです。しかし、パソコンの歴史をひも解いてみると、実用で役立たないテクノロジーは普及しておらず、VRにも何かしらの実利、需要が必要です。例えば、世界最初期のパソコンApple2は、アメリカでの確定申告需要から、申告書類をより簡単・確実に作成するために普及しました。日本のパソコンも年賀状の宛名書きなどの需要により、プリンタとともに普及したのです。最終回となる今回は、業務に直結するVRの使い方について解説していきます。

基礎知識

主な包装貨物試験方法:段ボールの基礎知識6

主な包装貨物試験方法:段ボールの基礎知識6

段ボールの包装設計は、形式、材質、寸法を決めて終わりではありません。輸送包装として問題がないことを、包装貨物試験などによって検証する必要があります。本連載の最終回は、段ボール包装においてよく行われる包装貨物試験について、JISの方法を中心に解説します。

基礎知識

5Gのリスク:5Gの基礎知識6

5Gのリスク:5Gの基礎知識6

今回は、最終回です。5Gがもたらすリスクを取り上げます。オール・コネクテッドの5G時代は、膨大かつ多様なデータが流通する社会です。それは情報漏えいやプライバシー侵害のリスクが高まることを意味します。個人情報保護の厳格化は世界的な潮流です。規制の枠組みによる解決の取り組みが進められている一方で、企業にも対策が求められます。情報セキュリティやプライバシーの確保と同時に、データの活用によるデジタルトランスフォーメーションの実現が求められます。

    ピックアップ記事

    tags