メニュー
タグ「海外」の一覧

イベント

シリコンバレーから見た日本企業の良い点・悪い点:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団3

シリコンバレーから見た日本企業の良い点・悪い点:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団3

2017年7月16日~22日に、日本能率協会が「JMA生産革新アメリカ視察団」を開催しました。視察団中のプログラムの一つである櫛田健児氏の講演から抜粋してお届けします。シリコンバレーから見た日本企業の良い点、悪い点を挙げていきます。

イベント

シリコンバレーから見たAIの未来:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団2

シリコンバレーから見たAIの未来:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団2

2017年7月16日~22日に、日本能率協会が「JMA生産革新アメリカ視察団」を開催しました。視察団中のプログラムの一つである櫛田健児氏の講演から、一部抜粋してお届けします。20年近くシリコンバレーにいる櫛田氏から、シリコンバレーから見たAI(Artificial Intelligence)技術、AIがバズワード化する日本の危機などを話してもらいました。

イベント

なぜ、シリコンバレーで破壊的イノベーションが起きるのか?:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団1

なぜ、シリコンバレーで破壊的イノベーションが起きるのか?:日本能率協会2017生産革新アメリカ視察団1

2017年7月16日~22日に、日本能率協会が「JMA生産革新アメリカ視察団」を開催しました。視察団中のプログラムの一つである櫛田健児氏の講演から、一部抜粋してお届けします。シリコンバレーでイノベーションが起きる背景やシリコンバレー独特の考え方など、日本の技術者の参考になるはずです。

コラム

新規の部品購入時に大切なこと:永井さんのモノづくり海外進出見聞録4

新規の部品購入時に大切なこと:永井さんのモノづくり海外進出見聞録4

この連載コラムでは、私が長期にわたり海外購入品の品質改善や品質保証に取り組んできた体験談を紹介します。最終回は、品質不良が発覚した際のメーカー側のモラルと、新製品購入時の必須管理ツール「品質計画書」について解説します。

コラム

海外購入品の品質改善アプローチ:永井さんのモノづくり海外進出見聞録3

海外購入品の品質改善アプローチ:永井さんのモノづくり海外進出見聞録3

TQM Labo コンサル代表 永井 守さんが、長期にわたり海外購入品の品質改善や品質保証に取り組んできた体験談を4回シリーズで紹介します。第3回は、かつて勤務していた大手電気メーカーで、海外部品の調達に携わっていたときの体験談です。不良発生の報告を受けてから、どのようなアクションを取ることで品質改善を成し遂げたか、2つの事例を挙げながら解説します。

コラム

Xbar-R管理図とAQL(合格品質水準)には注意!:永井さんのモノづくり海外進出見聞録2

Xbar-R管理図とAQL(合格品質水準)には注意!:永井さんのモノづくり海外進出見聞録2

TQM Labo コンサル代表 永井 守さんが、長期にわたり海外購入品の品質改善や品質保証に取り組んできた体験談を4回シリーズで紹介します。第2回は、工程を安定的に管理するためのXbar-R管理図と、ある不良率以下のロットを合格させ、それ以上悪いロットは合格させない抜取検査手法AQL(合格品質水準)の信憑性について説明します。

コラム

委託先は自分の目で見極める!:永井さんのモノづくり海外進出見聞録1

委託先は自分の目で見極める!:永井さんのモノづくり海外進出見聞録1

TQM Labo コンサル代表 永井 守さんが、長期にわたり海外購入品の品質改善や品質保証に取り組んできた体験談を4回シリーズで紹介します。第1回は、香港駐在中の体験から、不良品が納入されてしまった場合の品質改善の方法を取り上げます。

  • 販促_無料出展
  • セミナー12月
  • 寄稿募集
  • 基礎知識一覧

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー1126_01
  • 特集バナー1126_02
  • 特集バナー1126_03
  • 特集バナー1126_04