メニュー
タグ「触媒」の一覧

基礎知識

未来の触媒:触媒の基礎知識8

未来の触媒:触媒の基礎知識8

今回は最終回です。未来の触媒について解説します。理想の触媒とは、ほしいものをほしいだけ一瞬にして作れる、選択性100%の触媒です。そうした触媒を、完全触媒と呼ぶことにします。従来の触媒では、活性化エネルギーが高く、起こりにくかった反応でも、完全触媒では、選択的かつ効率的に活性化することができます。例えば、メタンを酸素と反応させ、100%メタノールに変換を目指した触媒開発が進められています。メタンは、天然ガスやシェールガスの主成分なので、燃料としてだけではなく、プラスチックの原料にも利用できます。今回はさらに、無尽蔵な太陽光で水を分解する触媒、廃棄するしかない廃材から有用物質を作るバイオ触媒、そして時計仕掛けで動く触媒機材を紹介します。

基礎知識

不均一触媒の反応例:触媒の基礎知識5

不均一触媒の反応例:触媒の基礎知識5

今回は、不均一触媒の代表的な反応例を紹介します。不均一触媒は、材料の観点で見た場合、金属触媒と酸化物触媒に大別できます。本稿では、金属触媒を用いたエチレンの水素化、アンモニアの合成、一酸化炭素COの水素化と、酸化物触媒の働きについて取り上げます。

基礎知識

不均一触媒:触媒の基礎知識4

不均一触媒:触媒の基礎知識4

今回は、不均一触媒(固体触媒)を解説します。不均一触媒は、反応物の存在する気体や液体と接して触媒作用を示す固体の触媒です。触媒と生成物との分離が容易で、大量生産に向いています。本稿では、固体触媒の代表的な概念を紹介します。

基礎知識

金属錯体触媒:触媒の基礎知識3

金属錯体触媒:触媒の基礎知識3

最も簡単な均一触媒は、前回紹介したプロトン酸触媒です。一方、緻密に設計され、複雑な構造を持ち、高活性高選択性、長寿命を実現した触媒が酵素です。今回は、その中間に位置する有機金属触媒を解説します。有機金属触媒は1分子の触媒なので、分子触媒と呼ばれることもあります。

基礎知識

触媒とは?:触媒の基礎知識1

触媒とは?:触媒の基礎知識1

触媒は、化学反応を加速させる働きを持つ物質です。技術開発や、日常生活の多くの場面で、触媒は重要な役割を担っています。しかし、その触媒の存在が意識されることは、ほとんどありません。本連載では、ものづくりに携わる人が知っておくべき触媒の基礎知識を、全6回にわたり解説します。今回は、触媒の働きと、触媒の性能を決める3要素を紹介します。

  • 基礎知識を社内で利用したい方

ピックアップ記事

tags