メニュー
タグ「CAE」の一覧

基礎知識

有限要素法の収束性と誤差:CAEの基礎知識3

有限要素法の収束性と誤差:CAEの基礎知識3

今回は有限要素法の収束性と誤差について解説します。私たちが直面する多くの構造問題では、厳密解がない、または分かっていない問題が大部分です。しかし、それでも安心して有限要素法によるCAEを使えるのは、要素分割を密にすると、ある一定の解に近づくことが分かっているからです。今回はこの収束性を考えます。

基礎知識

有限要素法とは:CAEの基礎知識2

有限要素法とは:CAEの基礎知識2

今回は、有限要素法について解説します。有限要素法はCAEでよく用いられる解析手法の一つで、解析領域を有限個の単純な形状(要素)に分割し、各要素の方程式を重ね合わせて全体の方程式を解く手法です。深く学びたい方に向けて、線形弾性解析の原理である仮想仕事の原理も取り上げます。

基礎知識

CAEとは?:CAEの基礎知識1

CAEとは?:CAEの基礎知識1

CAEとは、Computer Aided Engineeringの略で、コンピュータを活用した解析・設計統合の概念であり、これらを行うツールの名称でもあります。現在のモノづくりにおいて、新製品開発、製品の高効率化・高信頼性化、設計の合理化、トラブルシューティングなどのために広く活用されています。この連載では、CAEソフトウェアを用いた解析に焦点を当て、機械系CAE解析の手法の一つである有限要素法(Finite Element Method、FEM)解析を解説していきます。今回は、CAEの概要や歴史、利用のメリット、習得に必要なことを説明します。

  • セミナー2月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0204_01
  • 特集バナー0204_02
  • 特集バナー0204_03
  • 基礎知識一覧