メニュー

電動バイク「zecOO」【Tech Note MAKERS COLLECTION Vol.5】

visit005_001

製造業大好き女子がユニークかつ先端的な取り組みを行っているモノづくりのさまざまな現場に直撃インタビューするコーナー「Tech Note MAKERS COLLECTION」

女子ならではの切り口と、笑顔、時には体当たりのパワーで、モノづくりの魅力をたっぷりご紹介します。

第5回は完全オーダーメイドの本格的電動バイク「zecOO(ゼクウ)」を開発した
有限会社znug design (ツナグ デザイン)取締役の根津孝太氏、
有限会社オートスタッフ末広 代表取締役の中村正樹氏にお話を伺いました。

Tech Noteで初レポートとなる内藤知香(はるか)は、バイクに乗るのも初めてで、zecOOを前にドキドキワクワク!テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』でも特集が組まれ、今話題のzecOOのコンセプトや開発秘話に迫ります。

内藤知香

インタビュアー 内藤 知香(はるか)

神奈川県出身。2013年度ミス大妻女子大学、現在就活中の大学4年生。春の選抜高校野球のニコニコ動画の番組で、MCアシスタントを務める。趣味はプロ野球観戦(巨人ファン)、お笑い鑑賞。

抱負:周りの人を幸せにできるような人になりたいと思っています。Tech Noteでは、見る人が元気になるような取材をしたいです。がんばります!

とにかくカッコいい!zecOO!

visit005_002
電動バイクの新常識は「カッコいい!」

内藤知香(以下はるか):今日はすごくカッコいいバイクの取材だと聞き、とても楽しみにしてきました。バイクのデザインをされた根津さんと、設計・製作をされた中村さんですね。よろしくお願いします。

中村正樹氏(以下中村):バイク乗りは男性が多いですし、男だけで作ったものなので、女性の意見を聞いてみたかったんです。実際にzecOOを見て、どう思われましたか?

はるか:とにかくカッコいいです!こんなバイク見たことがないです。

根津孝太氏(以下根津):ありがとうございます。このバイクは特徴的なところがいろいろあります。まずはこのステアリング部分ですね。普通のバイクのように左右のフォークで上側から支えるのではなく、左側からスイングアームで支えるハブステアリング構造になっています。

visit005_003
初めて乗るzecOOにドキドキのはるか

はるか:実は私、バイクに乗る事自体が初めてで、あまり構造の違いが分からないのです…。

根津:えー、そうなんですか。

はるか:でも、見た目がすごくユニークですし、初めて乗るバイクがこんなカッコよくて、すごくうれしいです!

visit005_004
根津さんの説明を聞きながら、細部までじっくり観察するはるか

電動バイクの「原型」を作る!

visit005_005
何度でも写真を取りたくなるぐらいカッコいいんです!

はるか:なぜ、こんなユニークな形のバイクを作ろうと思ったのですか?

中村:まず、加速が早い電動バイクを作りたいという思いがありました。実際に乗って走ってみないとなかなか伝わらないのですが、電動バイクの加速は、ガソリンバイクでは実現できない素晴らしさがあるのです。そして、電動バイクだからこそ実現すべきデザインを考えると、この形になりました。

根津:一般的によく見かける電動バイクは、既存のガソリンバイクからエンジンとガソリンタンクを取り外し、そこにモーターやバッテリーをそのまま乗せたようなデザインのものが多いのです。でも、そもそも必要なパーツや機構が違うので、ガソリンバイクとは違う、電動バイクにふさわしい形があるはず。われわれは、電動バイクのスタンダード、「原型」を作りたいと思っています。

visit005_006
初バイク記念に、根津さん、中村さんとパチリ!
NEXT:zecOO誕生の裏にはお二人の○○○○関係があった!

  • セミナー1月
  • 販促_無料出展

ピックアップ記事

tags

  • 特集バナー0107_01
  • 特集バナー0107_02
  • 特集バナー0107_03
  • 特集バナー0107_04
  • 基礎知識一覧