技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

技術用語集をはじめとしたものづくりデータベース、ものづくりを学びたいエンジニアのための技術サイト

製造業技術用語集

製造業技術用語集トップへ
気になる技術用語コラム 気になる技術用語コラム

電気自動車の性能が大幅アップ!?次世代の電池とは?(2011年3月11日)

最近、電気自動車のテレビCMを見かけるようになりました。その電気自動車に利用されているリチウムイオン電池はエネルギー密度が低く、自動車に使うには航続距離に課題が残っているのはご存知の通り。そこで、リチウムイオン電池の次の電池と考えられているのがリチウム-空気電池などの『金属空気電池』です。負極側に金属、正極側に空気中の酸素を用いたもので、理論上、電池の容量をほとんど負極側の金属にさけるので大容量化が可能です。・・・

地球温暖化を乗り越える知恵(2011年3月6日)

特定フロンに代わって冷媒などに使われているハイドロクロロフルオロカーボン(HCFC)やハイドロフルオロカーボン(HFC)など代替フロンですが、それ自身・・・

シリコン使用量を抑えて生産コスト削減!高効率の太陽電池で巻き返せ(2011年3月6日)

最近、太陽光発電のCMをよく目にするようになりました。実際、日本国内2009年度の太陽光発電の市場は、2008年度に比べ約2.5倍の約3900億円にまで跳ね上がったそうです。太陽光発電に用いられる太陽電池の素材で主流となっているのがシリコンで、中でもアモルファスシリコンが、近年の注目となっています。・・・

オトナの中学理科講座

オトナの中学理科講座トップへ
地上での音の速さは一般に340m/秒ですが、海中の音の速さは1500m/秒にもなります。 音の速さは様々な条件で変化するのですが、以下のうち、海中の音の速さが一番遅いのは、一体どこになるでしょうか?
正解

正解は 「水深1000mあたり」

音の速さは音を伝える媒体(海水)の温度が高いほど、密度が大きいほど速くなります。水深が浅いところでは、水深が深くなるほど温度が下がり、音速はだんだん遅くなります。しかしある程度深くなってくると海水温は一定になり、今度は水圧の上昇の影響で音速は速くなります。この境目となる水深1000m付近で音速は最も遅くなり、1470m/秒くらいになります。

不正解

正解は 「水深1000mあたり」

音の速さは音を伝える媒体(海水)の温度が高いほど、密度が大きいほど速くなります。水深が浅いところでは、水深が深くなるほど温度が下がり、音速はだんだん遅くなります。しかしある程度深くなってくると海水温は一定になり、今度は水圧の上昇の影響で音速は速くなります。この境目となる水深1000m付近で音速は最も遅くなり、1470m/秒くらいになります。

単位便利アイテム

気になる!モノシリ注目企業

フロート式液面レベルスイッチの製造・販売及びステンレス溶接加工
木村製作所

この技術用語の意味を理解しよう!

キーワードリクエスト

製造業技術用語集にて解説を希望する業界用語があれば教えてください。

リクエストする

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ