技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】雨粒の大きさと数の相関。雨粒の直径が半分になったら雨滴の数は?
雨粒の大きさにも大小さまざまありますが、雨滴の数を気にしたことはありますか?実は雨粒の大きさと雨滴の数とにはある程度の相関が確認されています。そこで問題。雨粒の直径が1/2になった場合、その雨滴の数はどうなるでしょうか?
正解

正解は 「100倍になる」

これはマーシャル・パルマーの粒径分布と呼ばれるもので、雨滴の直径とその数はおよそ指数関数的な相関になっています。 したがって、雨滴の直径が1/2になると、その雨滴の数は10の2乗の100倍くらいになります。 ちなみに雨量が1mmの場合、普通の雨なら直径1mmで1平方メートルあたり1,910,000個の雨滴が降りますが、強い雨だと直径3mm程度で70,000個程度で済んでしまいます。

不正解

正解は 「100倍になる」

これはマーシャル・パルマーの粒径分布と呼ばれるもので、雨滴の直径とその数はおよそ指数関数的な相関になっています。 したがって、雨滴の直径が1/2になると、その雨滴の数は10の2乗の100倍くらいになります。 ちなみに雨量が1mmの場合、普通の雨なら直径1mmで1平方メートルあたり1,910,000個の雨滴が降りますが、強い雨だと直径3mm程度で70,000個程度で済んでしまいます。

オススメ用語解説

プリント基板実装

概要

プリント基板実装とは、ベアボード状態のプリント基板へ、各種電子部品・デバイスなどを搭載してはんだ付けし、回路として動作できるようにすること。単に基板実装と呼ぶ場合も多い。狭い意味では、チップ部品などの表面実装を指す。基板の多層化、高密度化が進んでおり、極小チップ部品の正確なハンドリング技術や、位置決め技術、リフローはんだ付け技術などが求められている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ