技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】史上最大の爆弾の爆発の様子。何km離れた所から見えた?

原子核の融合では大きなエネルギーが発生しますが、それを兵器に使用したものが水素爆弾です。人類の歴史上、最も強力な水素爆弾と言われるのが旧ソ連の水素爆弾「ツァーリ・ボンバ」ですが、この爆弾の爆破実験では遠く離れた場所からもその爆発の様子が目撃されました。さて、その距離は以下のうちどれでしょうか?
正解

正解は 「1000km(東京-福岡くらい)」

ツァーリ・ボンバの威力は50メガトンといわれ、広島型原爆の3300倍にも及びます。1961年に北極海で行われた実験では、高さ60km、幅30~40kmにも及ぶキノコ雲が発生し、衝撃波は地球を3周、1000km離れた場所からもその様子が見えたようです。 ちなみに「ツァーリ・ボンバ」とは、「爆弾の皇帝」という意味です。

不正解

正解は 「1000km(東京-福岡くらい)」

ツァーリ・ボンバの威力は50メガトンといわれ、広島型原爆の3300倍にも及びます。1961年に北極海で行われた実験では、高さ60km、幅30~40kmにも及ぶキノコ雲が発生し、衝撃波は地球を3周、1000km離れた場所からもその様子が見えたようです。 ちなみに「ツァーリ・ボンバ」とは、「爆弾の皇帝」という意味です。

オススメ用語解説

ステンレスローラ

概要

ステンレスローラとは、素材にステンレスを用いた円筒形の回転体のこと。圧縮延伸や、ローラコンベヤのコロ部分に用いる。水に濡れても錆びにくい、耐熱性、耐薬品性に優れるなどの素材としての特長を活かし、食品製造での工程間移送や、熱間製造の加熱工程などに用いられる。軸部分を他の金属でつくり、接触面にステンレス材を貼り付けている場合もある。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

1.ハードウェア受託開発    ・電子回路設計、アートワーク設計、FPGA設計、筐体への組み込み配線 2.ソフトウェア受託開発  ・フ...
ヘルヴェチア

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ