技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】史上最大の爆弾の爆発の様子。何km離れた所から見えた?

原子核の融合では大きなエネルギーが発生しますが、それを兵器に使用したものが水素爆弾です。人類の歴史上、最も強力な水素爆弾と言われるのが旧ソ連の水素爆弾「ツァーリ・ボンバ」ですが、この爆弾の爆破実験では遠く離れた場所からもその爆発の様子が目撃されました。さて、その距離は以下のうちどれでしょうか?
正解

正解は 「1000km(東京-福岡くらい)」

ツァーリ・ボンバの威力は50メガトンといわれ、広島型原爆の3300倍にも及びます。1961年に北極海で行われた実験では、高さ60km、幅30~40kmにも及ぶキノコ雲が発生し、衝撃波は地球を3周、1000km離れた場所からもその様子が見えたようです。 ちなみに「ツァーリ・ボンバ」とは、「爆弾の皇帝」という意味です。

不正解

正解は 「1000km(東京-福岡くらい)」

ツァーリ・ボンバの威力は50メガトンといわれ、広島型原爆の3300倍にも及びます。1961年に北極海で行われた実験では、高さ60km、幅30~40kmにも及ぶキノコ雲が発生し、衝撃波は地球を3周、1000km離れた場所からもその様子が見えたようです。 ちなみに「ツァーリ・ボンバ」とは、「爆弾の皇帝」という意味です。

オススメ用語解説

純水

概要

純水とは、水から物理的・化学的な処理によって不純物を除去した、純度の高い水(H2O)のこと。水道水から塩類や残留塩素がほとんど除去した状態を指し、逆浸透膜を通した『RO水』、イオンを除去した『脱イオン水』、蒸留水などと呼ばれ、日本薬局法に定められた『精製水』も純水の一種。
食品や飲料、医薬品などに使われるほか、半導体や電子基板等の洗浄に使う超純水の原料としても利用される。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・3次元CAD/CAMシステムMastercamの販売サポート、カスタマイズ、導入コンサルティング ・溝切削送り調整ソフト MACHFee...
ファインデータ

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ