技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【生物】うなぎの毒はどこにある?
土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

ナット

概要

ナットとは、機械などの組立時に物体の締結に使用する部品の総称である。軸中心部に雌ねじが切られており、ボルトのような雄ねじの切られている部品と組み合わせることで使用する。最も一般的なものとしては外形が六角形の六角ナットがあり、他にも四角ナットや袋ナット、溶接(ウェルド)ナット、アイナット、高ナット、蝶ナットなど、用途や形状によってさまざまなものがある。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ