技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】うなぎの毒はどこにある?

土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

温度調節器

概要

温度調節器とは、装置内の温度を設定値に保つように制御する装置のこと。略して「温調(オンチョウ)」と呼ぶことも多い。温度センサからのデータを入力して温度状況を把握し、必要に応じて加温装置または冷却装置の運転状況をコントロールする。多くの場合、制御盤などへの組込タイプで、フロントパネルに温度表示・設定部を備え、設定数値を入力する。
加熱・焼成工程を伴う電子機器や半導体・液晶の製造には欠かせない。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

○開発、板金加工、塗装、組立、OEM生産
キャビテック

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ