技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】うなぎの毒はどこにある?

土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

滴定

概要

滴定とは、化学反応を利用して溶液中の物質の量を測定する方法のこと。定量分析の一種である。測定したい試料の溶液に対し、あらかじめ濃度が分かっている反応物質の標準溶液を少しずつ加えていくという作業を、両者の化学反応が完了するまで行う。完了の時点までに加えた標準溶液の量から、試料の量が求められる。
化学反応の種類により、中和滴定、酸化還元滴定、沈殿滴定、キレート滴定などがある。ただし、滴定を行えるのは、反応が完了したことをはっきり判別できる場合(目視による色の変化、電気的な測定など)に限られる。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

1)電子機器の開発、製造並びに保守   特に バーコード関連機器   二次元コード関連機器   RF−ID関連機器   OCR関連機...
フェニックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ