技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】うなぎの毒はどこにある?

土用丑の日には蒲焼を食される方も多いのではないでしょうか?さて、美味しく調理された蒲焼ですが、実はうなぎが持つ“毒”が取り除かれています。そこで問題、うなぎの毒はどこに含まれているのでしょうか?
正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

不正解

正解は 「血」

うなぎの血にはイクシオトキシンという神経毒が含まれています。これは加熱することで毒性が消えるので、うなぎは主に加熱調理されています。 ちなみに、うなぎのヌルヌルの皮膚にもわずかながら別の毒が含まれているので、生で取り扱う際には十分注意をしましょう。

オススメ用語解説

トライボロジー

概要

トライボロジーとは、摩擦や磨耗、潤滑など相対運動しながら互いに影響を及ぼしあう2つの表面の間におこるすべての現象を対象とする科学・技術のこと。ギリシャ語で“摩擦”を意味する『tribos』が語源。1965年にイギリスでまとめられた摩擦や磨耗による損害を推定した『ジョスト報告書』で初めて使われた造語。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

株式会社プラックスは電子機器の開発から製造まで一貫してサポートしております。ハードウェア開発・ソフトウェア開発からプリント基板設計・製作、部...
プラックス

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ