技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】西から日が昇るのは?
西から昇ったお日様が東に沈む。有名なアニメのオープニングテーマですが、地球ではそんなことはさすがにあり得ませんね。ところが、太陽系にはこの現象が見られる惑星があります。それは以下のうちどれでしょうか?
正解

正解は 「金星」

太陽系の惑星はそのほとんどが地球の北極側から見て反時計回りに自転していますが、金星だけは自転方向が逆向きです。従って、太陽は西から昇ることになります。 ちなみに月でも太陽は東から昇りますが、地球では1日(24時間)に1回見られる日の出も、月では地球時間でいう29.5日(708時間)に1回となります。

不正解

正解は 「金星」

太陽系の惑星はそのほとんどが地球の北極側から見て反時計回りに自転していますが、金星だけは自転方向が逆向きです。従って、太陽は西から昇ることになります。 ちなみに月でも太陽は東から昇りますが、地球では1日(24時間)に1回見られる日の出も、月では地球時間でいう29.5日(708時間)に1回となります。

オススメ用語解説

スケール除去装置

概要

スケール除去装置とは、薬剤を使わずに、水に含まれるカルシウムなどが原因で生じるスケールが配管や冷却塔などへ付着するのを防止し、既に付着したスケールを分解・除去する水処理装置の一種。磁石を用いる方式と、直流または高周波の電流による電気分解を用いる方式などがある。水をイオン化することでは水処理装置、活水生成装置と同じ機能で、赤水の発生やレジオネラ菌・藻の生成も抑制する。通常の水配管から、チラー、大型クーリングタワーまで適応する。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ