技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】氷上のスポーツ。最高速度が一番『遅いもの』は?
氷上のスポーツ。以下のうち最高速度が一番『遅いもの』はどれでしょうか?
正解

正解は 「リュージュ」

アイスホッケーのパックの最高速度は160km/h超、スキーの滑降も同じく160km/hほどです。コースにもよりますが、これまでのリュージュの最高速度は150km/h超ほど。3つの中では最高速度が一番遅いということになります(それでもすごいスピードですが)。 ちなみに、スキージャンプの踏切時の速度は90km/h、スピードスケートは60km/hほどです。

不正解

正解は 「リュージュ」

アイスホッケーのパックの最高速度は160km/h超、スキーの滑降も同じく160km/hほどです。コースにもよりますが、これまでのリュージュの最高速度は150km/h超ほど。3つの中では最高速度が一番遅いということになります(それでもすごいスピードですが)。 ちなみに、スキージャンプの踏切時の速度は90km/h、スピードスケートは60km/hほどです。

オススメ用語解説

混練造粒機

概要

混練造粒機とは、混練と造粒を筐体内で連続的に行う装置のこと。構造は、混練・混合機に、押出し機構やチョッパなどによる造粒機の工程を付加した形式が多い。造粒後に球形化する機種や、ブレードの交換で分散・破砕ができる機種もある。
医薬品、化粧品の造粒のほか、焼却灰の固化、減容後の脱水ケーキのペレット化、廃棄物の処理などにも適応する。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

■製品開発(Development) 唯一国内でバックアップ製品を自社開発しています。また、OEM向けカスタマイズ開発もおこなっています。...
ネットジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ