技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【生物】ハバネロ1gを辛さが感じなくなるまで希釈するのに必要な水は?

ピーマンは0、タバスコは2000…辛さを表すスコヴィル値の数値です。そのものの溶解物を水で何倍に薄めると人が辛さを感じなくなるか、という数値です。人の主観によってではありますが、大まかに設定されています。さて、代表的な辛い香辛料として有名な「ハバネロ」。このハバネロ1gを、辛さが感じなくなるまで希釈するのに必要な水の量は、一体どれくらいでしょうか?
正解

正解は 「300kg」

ハバネロのスコヴィル値は300,000。つまりハバネロ1g に対し、300,000倍(300kg)の水で薄めてはじめて、辛味がしなくなります。 ちなみに防犯用などの唐辛子スプレーのスコヴィル値は2,000,000~5,000,000、ギネス記録になっているのは、ブレアズ・16ミリオン・リザーブという調味料で、スコヴィル値はその名のとおり 16,000,000。希釈して辛味がなくなるためには、1gに対し、1.6tの水が必要です。

不正解

正解は 「300kg」

ハバネロのスコヴィル値は300,000。つまりハバネロ1g に対し、300,000倍(300kg)の水で薄めてはじめて、辛味がしなくなります。 ちなみに防犯用などの唐辛子スプレーのスコヴィル値は2,000,000~5,000,000、ギネス記録になっているのは、ブレアズ・16ミリオン・リザーブという調味料で、スコヴィル値はその名のとおり 16,000,000。希釈して辛味がなくなるためには、1gに対し、1.6tの水が必要です。

オススメ用語解説

海底熱水鉱床

概要

海底熱水鉱床とは、海底にある熱水鉱床のこと。熱水鉱床は金や銀など融点の低い金属が高温の地下水(熱水)に溶かし込まれたもので、海底熱水鉱床はこの熱水が海底に噴出され、それが海水で冷却されることで沈殿して生成される鉱床のこと。
マグマ活動が活発なところに多く、日本近海は日本の世界有数の海底熱水鉱床と言われている。日本の排他的経済水域(EEZ)の中には伊豆・小笠原弧で5つ、沖縄で6つの海底熱水鉱床が発見されている。
・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

・工場内電気設備の調査・計測 ・その他電力設備・土木・建築・一般・研究計測 ・サーモグラフィカメラのレンタル ・サーモグラフィに関する...
動力舎

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ