技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】宇宙船ソユーズが地上に帰還する際の逆噴射。燃料に近いのは?
ロシアの宇宙船ソユーズはスペースシャトルとは違って、クルーが乗った小型カプセルのみがパラシュートを使って地上に着地する方式を採用しています。地上すれすれでエンジンを逆噴射することでゆっくりと着地できるんですが…ここで問題。この「地上での逆噴射」のためのエンジンの燃料成分に最も近いものは、次のうち一体どれでしょうか?
正解

正解は 「灯油」

ソユーズの着陸用のエンジンはいわゆるジェットエンジンです。ジェット燃料は石油を精製する過程で作られる「ケロシン」という物質であり、その純度が低いものが灯油として流通しています。 ちなみにソユーズは軌道船(実験室や居住スペース)・機械船(各種装置)・帰還船の3つのパーツからなりますが、帰還船以外は大気圏突入時に燃え尽きてしまいます。

不正解

正解は 「灯油」

ソユーズの着陸用のエンジンはいわゆるジェットエンジンです。ジェット燃料は石油を精製する過程で作られる「ケロシン」という物質であり、その純度が低いものが灯油として流通しています。 ちなみにソユーズは軌道船(実験室や居住スペース)・機械船(各種装置)・帰還船の3つのパーツからなりますが、帰還船以外は大気圏突入時に燃え尽きてしまいます。

オススメ用語解説

空圧機器

概要

空圧機器とは、大気をコンプレッサーにより加圧・圧縮し、得られた圧力によって仕事をする機械の総称である。空圧機器は油圧機器同様に流体により仕事を行うが、油圧に比べ低圧であり、簡便な設備で火災の心配なく使用可能である反面、高負荷を要求される場合には不向きである。アクチュエータの種類により、空圧ドリル、空圧スイッチ、空圧ブレーキなど様々な用途に利用されている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ