技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

 

【物理】無重力空間でろうそくを燃やすには?

無重力空間では、地球とは全く違った現象が観測されます。ろうそくの火もその一つ。 無重力空間では空気の対流が起こりにくいため、酸素の供給が追いつかず、炎がすぐ消えてしまいます。そこで問題。ろうそくの炎をより長く燃やし続けるには、どうしたらよいでしょうか?
正解

正解は 「磁石を近づける」

無重力空間ではガスの対流が起こりにくく、酸素が供給されません。しかし磁石を炎の近くにおくと常磁性の酸素は磁石に引き寄せられ、また燃焼したガスは磁石に反発するため対流のような状態をつくることができ、炎は燃え続けられます。ちなみに、磁石を置かない無重力空間では、ろうそくの炎は丸く、青くなります。

不正解

正解は 「磁石を近づける」

無重力空間ではガスの対流が起こりにくく、酸素が供給されません。しかし磁石を炎の近くにおくと常磁性の酸素は磁石に引き寄せられ、また燃焼したガスは磁石に反発するため対流のような状態をつくることができ、炎は燃え続けられます。ちなみに、磁石を置かない無重力空間では、ろうそくの炎は丸く、青くなります。

オススメ用語解説

プラズマ表面処理装置

概要

プラズマ表面処理装置とは、高温のプラズマにより気体分子を解離してイオン化し、これをターゲット材に衝突させることで表面の性質を変化させる装置のこと。元来はイオンの化学反応を用い、表面の有機系汚れを除去するのが目的であった。その後、ガスの性質により、基材に親水性接着剤との親和性を付加したり、反対に撥水性を追加したりできることが判明し、加工技術として発展した。
ポリマを形成する、金属表面に窒素や炭素を浸入させて耐摩耗性を向上する、などの応用も開発されている。

・・・続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

インダストリアル 作業現場を支えるテープや研磨材、不織布技術から生まれたフィルター材、地球温暖化対策に寄与するフッ素化学製品などを通して、...
スリーエム ジャパン

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ