技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】二酸化炭素とダイヤモンド。有機物は?
『炭素を含む物質を有機物という』と教科書では教わりますが、炭素を含むのに無機物に分類されるものも、実はたくさんあります。では、二酸化炭素とダイヤモンドはどちらが有機物でしょうか?
正解

正解は 「両方無機物」

現在の有機物の定義には「炭素を含む」だったり「C-C や C-H 結合をもつ」「生物(有機体)によって産生される」など、実はいろいろなものがあり、はっきりと線引きできないというのが実情です。ただ、二酸化炭素やダイヤモンド、炭酸などは一般的に『無機物』として認識されています。    

不正解

正解は 「両方無機物」

現在の有機物の定義には「炭素を含む」だったり「C-C や C-H 結合をもつ」「生物(有機体)によって産生される」など、実はいろいろなものがあり、はっきりと線引きできないというのが実情です。ただ、二酸化炭素やダイヤモンド、炭酸などは一般的に『無機物』として認識されています。    

オススメ用語解説

カーボンナノチューブ

概要

カーボンナノチューブとは、炭素で構成される六員環ネットワークが同軸管状になった物質。炭素原子60個で構成されるサッカーボール状の構造を持ったC60フラーレンが、多数結合している構造のもの。アルミニウムの半分の軽さ、鋼鉄の20倍の強度(繊維方向の引張強度ではダイヤモンド以上)と弾性力を合わせ持ち、
次世代の素材として注目を集めている。略称はCNT。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ