技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】空気中に3番目に多く含まれる成分は?
私たちの身の回りにある『空気』の成分。まず窒素、次に酸素…となりますが、そのほかにも様々な成分が含まれています。そこで問題。空気中に3番目に多く含まれる成分は、一体何でしょうか?
正解

正解は 「アルゴン」

空気の成分の99%以上は窒素と酸素ですが、その次に多いのはアルゴンです。この3つで99.97%くらいまでを占めています。さらに、二酸化炭素、ネオン、ヘリウム、メタン、クリプトン、水素、一酸化炭素、キセノン…と続きます。窒素、酸素、二酸化炭素・水素・一酸化炭素のほかは、希ガスが多くを占めており。実際、これらの希ガスは空気から精製されています。

不正解

正解は 「アルゴン」

空気の成分の99%以上は窒素と酸素ですが、その次に多いのはアルゴンです。この3つで99.97%くらいまでを占めています。さらに、二酸化炭素、ネオン、ヘリウム、メタン、クリプトン、水素、一酸化炭素、キセノン…と続きます。窒素、酸素、二酸化炭素・水素・一酸化炭素のほかは、希ガスが多くを占めており。実際、これらの希ガスは空気から精製されています。

オススメ用語解説

シャフト

概要

シャフトとは、「軸」と同義で、棒状の機械要素の総称。回転や直動によって動力を伝達するものと、構造物として応力を受け止めるものがある。直線状に限らず、クランク状に折れ曲がったものや、ジョイントを介して斜め方向に回転を伝えるものもシャフトと呼ぶ。大きな力がかかる箇所に用いられることが多く、ねじれ強度、圧縮強度などが高いことが重要である。
なお、建築分野ではエレベータシャフトなど縦方向の貫通孔を指す。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ