技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】水 1リットルとエタノール 1リットルを混ぜた。体積は?
水 1リットルとエタノール 1リットルを混ぜました。さて、体積はどうなりますか?
正解

正解は 「2リットル未満」

水とエタノールを混ぜ合わせると混合前の体積の合計より、体積は小さくなります。これは水分子の隙間の大きい構造の中にエタノール分子が入り込むことと、それにより水とエタノールどうしがより強く結びついて(水素結合)全体がギュッと引き締められることによります。非常に簡単な説明モデルとしては、大豆と米粒を混ぜ合わせるイメージが使われます。

不正解

正解は 「2リットル未満」

水とエタノールを混ぜ合わせると混合前の体積の合計より、体積は小さくなります。これは水分子の隙間の大きい構造の中にエタノール分子が入り込むことと、それにより水とエタノールどうしがより強く結びついて(水素結合)全体がギュッと引き締められることによります。非常に簡単な説明モデルとしては、大豆と米粒を混ぜ合わせるイメージが使われます。

オススメ用語解説

熱板溶着

概要

熱板溶着とは、加熱した熱板で樹脂を溶融し、冷えて固まる前に押し付けて接合する樹脂溶着方法のこと。簡単な装置で強固な溶着ができるのが特長。熱板溶着には接触式と非接触式があり、接触式の場合は樹脂成形品をはがす時に溶融樹脂の貼り付きや糸引きなどが起こる場合があり、非接触式は貼り付きや糸引きがないが、熱板自体を高温化しなければならない。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ