技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【化学】水 1リットルとエタノール 1リットルを混ぜた。体積は?
水 1リットルとエタノール 1リットルを混ぜました。さて、体積はどうなりますか?
正解

正解は 「2リットル未満」

水とエタノールを混ぜ合わせると混合前の体積の合計より、体積は小さくなります。これは水分子の隙間の大きい構造の中にエタノール分子が入り込むことと、それにより水とエタノールどうしがより強く結びついて(水素結合)全体がギュッと引き締められることによります。非常に簡単な説明モデルとしては、大豆と米粒を混ぜ合わせるイメージが使われます。

不正解

正解は 「2リットル未満」

水とエタノールを混ぜ合わせると混合前の体積の合計より、体積は小さくなります。これは水分子の隙間の大きい構造の中にエタノール分子が入り込むことと、それにより水とエタノールどうしがより強く結びついて(水素結合)全体がギュッと引き締められることによります。非常に簡単な説明モデルとしては、大豆と米粒を混ぜ合わせるイメージが使われます。

オススメ用語解説

自然冷媒

概要

自然冷媒とは、フロンのように人工的な物質ではなく、自然界に存在する物質で冷媒(熱を移動させるための熱媒体となるもの。)としての性質をもつもの。代表的なものとして、二酸化炭素、アンモニア、イソブタンなどがある。自然冷媒はオゾン破壊係数が0である上、地球温暖化係数も代替フロンと比べて低いため、地球環境負荷の小さい物質として、利用が進められている。かつては安全性や効率の面で問題があったが、現在では技術も進み、自然冷媒を利用した様々な製品が開発されている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ