技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】満月の高さは季節によってどう変わる?
名月を とってくれろと 泣く子かな 小林一茶の句にもあるように、中秋の名月は美しい秋の風物詩の一つ。太陽の高さは夏に高く、冬に低いというのは、一般に知られるとおりですが、さて、『満月』の高さはどうでしょうか?
正解

正解は 「夏低く、冬高い」

月の公転面と地球の公転面との差異は5度ほど。なので、地球から見える月と太陽の高さはあまり変わりません。一方、「満月」と太陽の位置は、地球から見ると真逆。地球の自転軸の傾きを加味すると、昼に見える太陽の南中高度が高いとき、夜に見える満月の高さは、逆に低くなります。したがって満月の南中高度は「夏に低く、冬は高い」ということに。そして秋は、月の高さが中間で気候も良く、空気も澄み、まさに月見に適した季節ということになります。

不正解

正解は 「夏低く、冬高い」

月の公転面と地球の公転面との差異は5度ほど。なので、地球から見える月と太陽の高さはあまり変わりません。一方、「満月」と太陽の位置は、地球から見ると真逆。地球の自転軸の傾きを加味すると、昼に見える太陽の南中高度が高いとき、夜に見える満月の高さは、逆に低くなります。したがって満月の南中高度は「夏に低く、冬は高い」ということに。そして秋は、月の高さが中間で気候も良く、空気も澄み、まさに月見に適した季節ということになります。

オススメ用語解説

レアアース

概要

レアアースとは、周期律表の3族(3A族)のうち、スカンジウム(原子番号21)、イットリウム(原子番号39)と、ランタノイド(原子番号57~71)の17元素のこと。日本語では希土類と呼ぶ。最初に発見された際に、それまで知られていたアース(土類)元素と同類であったが希少なので「レア」が頭に付いたが、その後、多くの元素が発見され、それでも名称はそのまま残された。元素としての存在量は多いが、鉱石としての産出が少なく、分離や精製も当初は容易ではなかった。
主な用途としては、磁石、蛍光体、バッテリ、コンデンサ光ファイバ・光学ガラス、研磨材、触媒、合金などがある。特にランタノイドは遷移金属であるため磁性を備え、磁石に幅広く応用されている。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

各種ボイラー・焼却炉・流動粉砕乾燥機・製造販売 【取扱製品・商品】 ■廃熱ボイラー ■再生油ボイラー ■バイオマスボイラー ■...
日本汽缶

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ