技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【地学】満月の高さは季節によってどう変わる?
名月を とってくれろと 泣く子かな 小林一茶の句にもあるように、中秋の名月は美しい秋の風物詩の一つ。太陽の高さは夏に高く、冬に低いというのは、一般に知られるとおりですが、さて、『満月』の高さはどうでしょうか?
正解

正解は 「夏低く、冬高い」

月の公転面と地球の公転面との差異は5度ほど。なので、地球から見える月と太陽の高さはあまり変わりません。一方、「満月」と太陽の位置は、地球から見ると真逆。地球の自転軸の傾きを加味すると、昼に見える太陽の南中高度が高いとき、夜に見える満月の高さは、逆に低くなります。したがって満月の南中高度は「夏に低く、冬は高い」ということに。そして秋は、月の高さが中間で気候も良く、空気も澄み、まさに月見に適した季節ということになります。

不正解

正解は 「夏低く、冬高い」

月の公転面と地球の公転面との差異は5度ほど。なので、地球から見える月と太陽の高さはあまり変わりません。一方、「満月」と太陽の位置は、地球から見ると真逆。地球の自転軸の傾きを加味すると、昼に見える太陽の南中高度が高いとき、夜に見える満月の高さは、逆に低くなります。したがって満月の南中高度は「夏に低く、冬は高い」ということに。そして秋は、月の高さが中間で気候も良く、空気も澄み、まさに月見に適した季節ということになります。

オススメ用語解説

生産スケジューラー

概要

生産スケジューラーとは、生産現場において保有する限られた資源によって1日に行うべきタスクを処理するために、各リソースの使用状況を時間軸上に並べて管理する生産スケジューリングを行うソフトウェアのことである。生産スケジューリングでは、横軸に時間軸を取り縦軸に人や機械などのリソースを取り、ロジックやルールに沿って作成されるリソースガンチャートによって計画を表現することが多い。
・・・ 続きを読む

気になる!モノシリ注目企業

特殊ボルトによる金属亀裂補修 特殊プレートによる金属亀裂補修 破損雌ねじ補修・再生 設備機械の補強
日之出水道機器

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ