技術伝承と発展を支援する ものづくりエンジニア向け技術用語サイト『モノシリ』

オトナの中学理科講座

【物理】ピアノとギターの『ラ』。音波の何が異なる?
音の波形の振幅が大きければ大きな音となり、振動数が大きいと高音になることは学校で習ったとおり。例えば周波数が440Hzであれば『ラ』と決まっています。しかし同じ「ラ」でも、ピアノとギターでは音色が違います。そこで問題。この音色を決めるのは波形のどんな要素でしょうか?
正解

正解は 「様々な波形の混ざり」

耳に聞こえてくる「ラ」の音は、その音の波形の中で440Hzが最大のボリュームなので「ラ」に聞こえます。実は楽器によって、その波形の中に色々な周波数の音が混ざっています。倍音と呼ばれる倍の周波数の音などがその典型です。したがって、楽器などの音の波形はスムーズなカーブではなく、ギザギザした複雑なものになっています。

不正解

正解は 「様々な波形の混ざり」

耳に聞こえてくる「ラ」の音は、その音の波形の中で440Hzが最大のボリュームなので「ラ」に聞こえます。実は楽器によって、その波形の中に色々な周波数の音が混ざっています。倍音と呼ばれる倍の周波数の音などがその典型です。したがって、楽器などの音の波形はスムーズなカーブではなく、ギザギザした複雑なものになっています。

オススメ用語解説

COG(Chip On Glass)

概要

LCDパネルの端子部分にドライバLSIを搭載した液晶モジュール。
従来の基板タイプに比べ薄型・軽量化が可能。接続箇所が減り、信頼性が上がるなどの利点がある。
主に携帯電話など小型LCDに使われている。
・・・ 続きを読む

この技術用語の意味を理解しよう!

IPROS 製造業関連情報サーチ

製造業に関する製品・会社が見つかります
検索

お役立ち情報

このページのトップへ